静岡理工科大学 理工学部 機械工学科 特任教授 (工学博士)

服部 敏雄 氏

1976年、日立製作所に入社し、機械研究所に配属される。主管研究員として発電機などの蒸気タービンなどの設計開発に広く携わる。同社を退職した後、2004年、岐阜大学 工学部 教授に、2014年に静岡理工科大学 理工学部 特任教授に就く。2006年、日本材料学会 破壊力学部門委員会 委員長(2009年、日本機械学会 機械材料・材料加工部門 部門長、2011年、ターボ機械協会 蒸気タービン分科会主査、2012年、日本機械学会 代表会員、同年、日本機械学会 材料力学カンファレンス M&M2013岐阜大会 実行委員長を務める。2006年、日本機械学会 材料力学部門 業績賞、2011年、日本機械学会 機械材料・材料加工部門 功績賞などを受賞する。