小林分散技研 代表、分散技術アドバイザー 東京理科大学 理工学部 客員教授

小林 敏勝 氏

【略 歴】
 1980年 京都大学大学院工学研究科工業化学専攻修士課程修了
 同  年 日本ペイント(株)入社 (一貫して顔料分散等、粒子分散に関する研究開発に従事)
 1993年 京都大学博士(工学)
 2010年 東京理科大学理工学部客員教授
 同  年 日本ペイント(株)退職
 2011年 小林分散技研設立 現在に至る
 (一社)色材協会 理事・副会長
【受賞歴】
 色材協会賞論文賞、日本レオロジー学会技術賞、大阪工研協会工業技術賞
【主な著書】
 きちんと知りたい粒子表面と分散技術(日刊工業新聞社)
 きちんと知りたい粒子分散液の作り方・使い方(同上)
 塗料における顔料分散の考え方・進め方(理工出版社)