日刊工業新聞社

  • トップ
  • 社員座談会 日刊工業新聞社の未来を語る。

社員座談会

社員座談会 日刊工業新聞社の未来を語る。

日頃、日刊工業新聞社の各部門で大活躍する中堅・若手社員を募り、入社の動機などプライベートな部分から、現場ならではのクライアントの忌憚のない声や、ネット社会の今だからこそわかる新聞の良さを語ってもらいました。
また、次の100周年に向けて今後、取り組むべきことも話題に。

「イメージしていた新聞社とは違い「モノづくり」をキーワードにしていることに魅かれた」

Q:みなさん今日は宜しくお願いします。まずは入社の経緯からお聞きしたいのですが、そもそも日刊工業新聞社の事はご存知でしたか?

  • 永井:恥ずかしながら、転職サイトの募集要項をみて日刊工業新聞を知りました。自分のイメージしていた新聞社とは違い「モノづくり」をキーワードにしていることに魅かれたのを覚えています。当時、何かつくる仕事がしたいと思っていたので、そのキーワードが決め手となって応募しました。
  • 松浦:私は転職してこの会社に入社しました。以前勤めていた会社では日刊工業新聞を購読しており、業界の記事が掲載されると社内回覧で回ってきましたのでよく読んでいました。
  • 水野:私は永井さんと同じで入社するまで知らなかったです。転職活動しているちょうど10年前、モノづくりという言葉が世間で飛び交っておりました。「モノづくりってなんだろう」と思っていた時、それを謳(うた)っている新聞を見つけたんです。
  • 田中:私の場合は就職がそんなに簡単に出来るご時世ではなかったので、転職先は特に業種にこだわらず、営業職を幅広く探していました。そんな中でたまたま日刊工業新聞社の広告営業の募集を見つけ、そこで初めて知りました。広告のデザインにそもそも興味があったので、広告業界に携われるならと思い応募しました。
    入社後に聞いた話ですが、その当時、日刊工業新聞社が社員募集するのは大変珍しいことだったらしく、たまたま応募して縁が生じて入社できたことに少し運命を感じました。
  • 杉本:私は新卒入社です。新聞記者にずっとなりたくていろいろな新聞社の中での選択枠の一つが日刊工業新聞社でした。もともと文系で就職活動を始めるまで知らなかったです。大学の図書館に置いてあったのを見て知りました。名前からどうしても技術的な理系の内容が多いのかなという先入観で見てみると、経営ネタや流通サービスなど意外に幅広く扱っていたので興味を持ちました。もともと化学が嫌いで理系分野の事はわからず苦労していました。しかし日本が科学大国で科学には興味があり、いつかしっかり学びたいという思いがあったので入社を決めました。
「BtoBに強い新聞で、他紙に載っていない広告が掲載されているところは強み」

Q:日刊工業新聞の優れている点と未だ足りない面についてはどのように感じていますか?

  • 杉本:投資家さんはよく読んでおられるようです。証券会社から「(株価上げ)の日刊工業新聞」と言われたことがあります。
  • 水野:よく業界内読者率の高い新聞といわれますよね。ある他紙からは必ず問い合わせがあったりします。幅広い業界の話を取り上げているので、思わぬ化学反応を起こす可能性のある新聞です。
  • 田中:先日ある人に、日刊工業新聞は産業総合紙としての地位を確立しているので確実に一般紙より価値があると言われました。BtoBに強い新聞で、他紙に載っていない広告が掲載されているところは強みですよね。日刊工業新聞は製品や技術情報を柱にした新聞なので反応率は非常に高いです。
  • 永井:出版部門では月刊誌の発行を毎月行っています。「工場管理」という雑誌は創刊61年目を迎え、新聞と同様に製造業に関する最新情報を取り上げています。例えば、インダストリー4.0に関する特集を取り上げたところ、非常に好評で多くの問い合わせを頂きました。雑誌の特集でもしっかりと読んでくださる、多くの読者の方に長く支えて頂けている、という点は強みだと思います。弊社の弱みは、広報・宣伝力でしょうか。せっかくいい素材や情報が沢山あるのに、広く知ってもらえる力が乏しいのはもったいない。自社PR力は強化すべき点だととらえています。今後の課題ですね。
「日刊工業新聞は長く読まれる新聞だと思う」
  • 山田:中小企業報道に強みを発揮しています。しかしながら日本の中小企業はすそ野が広く、まだ日刊工業新聞のことを知らない企業も意外に多かったりすることがもどかしいです。
  • 松浦:確かに、知っている方は知っていますが、知っていただけていない方もいますね。
  • 水野:学生さんの場合も、理系の研究室でいろいろ学んできた人は以前から知っているのですが、意外にも文系の学生さんはなかなか触れ合う機会がないようです。そういった層に対しての認知度を上げていく必要はあります。
  • 松浦:雑誌と比較すると新聞は一日だけとよく言われますが、日刊工業新聞は長く読まれる新聞だと思います。ある取引先に、君の所の新聞は息の長い新聞だからね。だから広告を出してみたいと言われたこともあります。
  • 水野:それはセールストークで使えますね。いいことを聞きました。

社員座談会 日刊工業新聞社の未来を語る。

「新聞は100年後も残っていると思う。紙がなくなるということは考えにくいので」

Q:ニュースイッチなど新たな事業も展開しておりますが、次の100年に向けて、紙媒体の今後や市場的な部分はどうなると思いますか?

  • 水野:大変難しい問いですが、新聞は100年後も残っていると思います。紙がなくなるということは考えにくいので。
  • 杉本:もちろん紙の新聞は守らなければなりません。ただ個人的にはウェブと海外が今後のカギになると考えています。会社を伸ばすにはそこに注力しなければいけないと思います。
  • 山田:当然ウェブも重要ではありますが、まだまだ足元の中小企業から認知度を高めていく必要があると思います。伸びしろは絶対にあるはずです。
  • 永井:そういう意味では、今回(2015年)の紙面刷新は外部の印象が良いですね。クライアントや著者からも「日刊工業新聞ぽくなくなったね」と、いい意味で言われたりしています。
「新聞は100年後も残っていると思う。紙がなくなるということは考えにくいので」
  • 田中:営業もやりやすくなりました。画像の質が向上し、文字が大きくなって読みやすくなったので、高齢の経営者からは助かると言っていただけます。ただ、広告のサイズがミリ単位で小さくなったので、「小さくなった分もう少し安くしてよ」と、冗談で言われたりもします。
  • 水野:2015年は100周年のメモリアルイヤーで、そういう意味ではビジネスチャンスと言えます。そもそも新聞の名前が古めかしいと言われてきましたが、そこは題字の刷新でスマートな印象になったと思います。
  • 松浦:100年後にも新聞があるかは正直わかりませんがわが家の子どもの小学校では、国語の授業の教科書で新聞の記事について学ぶ頁があります。同じ出来事を別々の新聞社が記事にしており、どういう違いがあるかと考えたりするようです。今、新聞の重要性が改めて認識されているんだなと思いました。
  • 山田:地方の新人記者は、中学校で講演してくれと依頼を受けることもあるようです。若いうちから新聞や記者と触れ合ってもらえることは、この業界みんなの願いでもあります。
  • 永井:若い人の活字離れは深刻です。雑誌も最近は若い人が進んで読まないという声を聞きます。そうした読まない層にどう読ませるかという事に苦労しています。絵とかグラフとかビジュアルでとらえやすい記事が増えてきたことも最近のそうした流れからです。
「まずは日刊工業新聞を認知してもらうためのきっかけづくりが重要」
  • 松浦:今は会社で新聞を読んでいると、さぼってるようにみられる風潮があるようで、それは改善していきたいですね。仕事に役立つ情報がたくさんあるのですから。
  • 松浦:新聞を読むこと自体を肯定できるような大きな啓蒙活動が必要ではないでしょうか。経営者の方から「なんや、新聞読むヒマあるんなら仕事せいっ」と言われるようでは、ちゃんと読もうという気にはなれません。
  • 山田:そういった意味でもまずは日刊工業新聞を認知してもらうためのきっかけづくりが重要ですね。

(※掲載している内容は取材時時点の情報です。)