セミナー

設計どおりに製品ができない!を解決する!!
プラスチックの実用特性および改質と材料選定の進め方

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

  樹脂素材の部品製作を海外拠点に発注して設計書を送り、完成した部品を得意先に納品したところ、設計どおりの性能・機能が得られないというクレームが発生した・・・製造業のグローバル化が進む中で、このようなトラブルが頻発しています。これらのトラブルを未然防止するには、まずプラスチックの特性をよく理解する必要があります。
  プラスチック材料の物性は規格に基づいた試験値であり、製品設計データとして直接的に利用できるわけではありません。また、標準品種に加えて添加剤、複合強化、ポリマーアロイなどの改質品種も多いので、製品の要求特性に応じて適切に材料選択する必要があります。
  本セミナーでは、材料物性を支配する基礎因子、製品設計に活かすときの材料物性の見方と留意点、要求特性に応える材料改質方法と材料開発例、材料選定のポイントなどについて解説します。

 

※本セミナーでは、テキストとして講師著書「技術大全シリーズ プラスチック材料大全」(日刊工業新聞社)を使用します。受講者へは、当日受付にて進呈いたします。
(既に同書をお持ちの方は、事前に事務局までお問い合わせください)

概要

日時 2018年1月19日(金)10:00~17:00
(9:30受付開始 休憩 12:30~13:30)
会場 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
受講料 43,200円(資料含む、消費税込)
※1社複数名のご参加の場合、2人目より10%割引(38,880円)致します。ただし、同セミナーを受講される場合のみ適用させて頂きます。
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込にて開催の前日までに必ずお支払いください。尚、お支払い済みの受講料はご返金できかねますので、ご了承ください。
主催 日刊工業新聞社
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 業務局
イベント事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222 FAX: 03-5644-7215 E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp

講師

本間 精一 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 東京本社
セミナールーム
東京都中央区
日本橋小網町14ー1
住生日本橋小網町ビル
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

 (「技術大全シリーズ プラスチック材料大全」第3章~第5章の内容を中心に解説します)
 
 1.材料物性を支配する基礎因子 
     (1)結晶性と非晶性
     (2)転移温度 
     (3)結晶特性
     (4)粘弾性 
     (5)分子量特性
     (6)分子配向
     (7)ポリマーの分解
     (8)物理化学的性質 
2.材料物性と製品設計への活かし方 
      2.1   物理特性
                  (1)比重、密度
                  (2)比容積 
                  (3)吸水率
                  (4)熱的性質
     2.2   強度特性
                  (1)静的強度
                  (2)衝撃強度 
                  (3)クリープ破壊強度
                  (4)疲労強度
     2.3   耐熱性
                  (1)荷重たわみ温度
                  (2)強度の温度特性 
                  (3)脆化温度
                  (4)高温における劣化
     2.4   硬さ
                  (1)押し込み硬さ
                  (2)引っ掻き硬さ(耐擦傷性)
     2.5    耐摩擦摩耗性
     2.6    寸法安定性
     2.7    光学的性質
     2.8    耐紫外線性、耐候性
     2.9    耐燃性
     2.10 ガス透過性
     2.11 耐薬品性
     2.12 電気的性質 
3.改質方法と材料開発 

     3.1    添加剤による改質
                   (1)添加剤の種類と改質
                   (2)材料開発
                           ・成形加工性の改良
                           ・性能の改良
                           ・機能性の賦与
                           ・耐久性の改良
      3.2   充填材による改質
                   (1)改質原理
                   (2)材料開発
                           ・強度、耐衝撃性の向上
                           ・耐熱性の向上
                           ・寸法安定性、寸法精度の向上
                           ・熱伝導性の賦与
                           ・導電性の賦与
      3.3   ポリマーアロイによる改質
                   (1)改質原理
                   (2)材料開発
                           ・流動性の改良
                           ・衝撃強度の改良
                           ・耐薬品性の改良 
      3.4    ナノコンポジットによる改質
                    (1)改質原理
                    (2)材料開発
                            ・強度・弾性率の改良
                            ・耐熱性の向上
                            ・ガスバリヤ性の向上

4.プラスチック材料選定の進め方 
       4.1   材料の種類
       4.2   材料選定の手順
       4.3   材料選定の着眼点
                    (1)結晶性プラスチックと非晶性プラスチックの特性の違いからの材料選定
                    (2)耐熱性からの材料選定
                    (3)成形性を考慮した材料選定
                    (4)際立った特性からの材料選定 

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス