セミナー

先着10名限定
第52期包装技術学校 消費者包装コース
スクーリング[1]【単発販売】
「食品包装の動向」「包装容器開発の実際」

開催主旨

  包装技術学校は52年の歴史を誇る、最も歴史のある包装技術の通信教育講座です。2017年6月から基礎コースが開講し、さらに12月からは専門コースとして「工業包装」「消費者包装」の各コースが開講しております。

 この度、専門コースのスクーリングの一部について、コース受講者以外の方にも受講いただけるよう特別にお席をご用意させていただきました。基礎コースだけで受講を終了したが、専門コースのスクーリングだけでも追加で受講したい。工業コースを選択しているが、履修していないコースの授業も受けてみたい。過去に包装士の認定を取得済みだが、現在の講習をまた受けたい。53期以降で受講を検討しているが、まずはスクーリングの一部を受けて内容を確認したい等、さまざまなニーズに対応してまいります。

 包装技術学校を受講していない方も単発のセミナーとして受講いただけますので、お気軽にお申込みください。

概要

日時

2018年2月22日(木)10:00~16:00
(9:30受付開始 休憩12:30~13:30)

会場 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
受講料

一般価格32,400円(消費税込)
特別価格21,600円(消費税込)
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込にて開催の前日までに必ずお支払いください。尚、お支払い済みの受講料はご返金できかねますので、ご了承ください。

特別価格対象者→第52期包装技術学校受講中の方、もしくは基礎コースを修了されている方、及び包装士認定をお持ちの方。
対象者の方は申込フォームの「備考」欄に【第52期の受講者コード】または【修了】、【包装士認定の期】をご記入ください。

主催 日刊工業新聞社
持ち物 筆記用具
定員

先着10名限定

お問い合わせ先

日刊工業新聞社 業務局
イベント事業部 通信教育事務局
TEL: 03-5644-7210
FAX: 03-5644-7215
E-mail : edu@media.nikkan.co.jp

会場アクセス

日刊工業新聞社 東京本社
セミナールーム
東京都中央区
日本橋小網町14ー1
住生日本橋小網町ビル
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

10:00~12:30(9:30受付開始)
 「食品包装の動向」
          一般社団法人 日本食品包装協会 専務理事               沓掛 勝則 氏
 13:30~16:00

 「包装容器開発の実際」
              株式会社 資生堂 グローバルイノベーションセンター
                                                                    シニアサイエンティスト 大野  和久   氏

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス