セミナー

技術イメージを正確に伝えるために
「ポンチ絵や図解を介したコミュニケーション能力」の基本研修

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

 モノづくり関連の職場では、打ち合わせの際に「ポンチ絵(概念図)」を描くことで構想の具現化がなされています。顧客と自社の関係部署、さらに後工程との間をつなぎ、部品や仕事のイメージを正確に伝えるうえでポンチ絵は必須のツールといえます。にもかかわらず、フリーハンドで描くため、顧客との接点となるはずの技術営業担当をはじめ「ポンチ絵が苦手」という方が意外に多いです。
 そこで、本セミナーでは顧客の『欲しいモノ』や『知らせたいイメージ』を正確に聴き取る「傾聴」から、ポンチ絵を描くテクニック、企画書の作成およびプレゼンの実演を通じて、開発部門や関係する後工程に伝えるための要点までを網羅して解説します。ポンチ絵や図面を介したコミュニケーション能力を身につけ、明日からのモノづくりをよりスムーズに進めましょう。

概要

日時

2018年 6月 6日(水)10:00~17:00
(9:30受付開始 休憩 12:30~13:30)

会場 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
受講料 43,200円(資料、消費税込)
※同一会場にて1社複数人数で参加の場合、2人目より10%割引いたします(38,880円)
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、開催日1週間前までにお支払いください。
  なお、キャンセルにつきましては開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。
  1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。
主催 日刊工業新聞社
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 業務局
イベント事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp

講師

倉田 義信 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 東京本社
セミナールーム
東京都中央区
日本橋小網町14ー1
住生日本橋小網町ビル
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

1.「ポンチ絵と図解」の基本
  1-1 ポンチ絵とは?
  1-2 ポンチ絵コミュニケーション5要素
  1-3 モノづくりに必要な図解力
  【演習1】論理的思考を高めた図解演習
2.課題解決に導くコミュニケーション
  2-1 有効なコミュニケーションとは?
  2-2 課題解決に導く質問のしかた
  2-3 傾聴の技術
  【演習2】質問力を高める傾聴演習
3.ポンチ絵のプロセス実践
  3-1 投影法の基礎の基礎
  3-2 第3角法による作図の理解
  3-3 アイソメトリック図法による描写の手順
  【演習3】ポンチ絵による立体図の作成
4.伝える力の実践
  4-1「A3-1枚」ワンシート企画書
  4-2 印象に残る企画書作成のポイント
  4-3 効果的な提案の仕方
  【総合演習】企画書の作成とプレゼン実践
5.気付きとまとめ
  5-1 受講者との相互交流
  5-2 質疑応答
  5-3 アンケート

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス