セミナー

はじめて学ぶ
不良を作らない・流さない工程管理
~品質管理手法の理論と使いどころを演習で学ぶ~

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

   情報技術や物流システムの発展で、今や、欲しいモノがすぐ見つかりすぐ手に入る時代となりました。
 その一方でSNSなどの情報技術の発展により、手に入れたモノに対する評判はあっという間に拡散する時代になりました。
 このような時代では、たとえ1個でも不良を顧客に流通させてはいけません。
 本セミナーでは、「不良を作らない・流さない工程管理」をどのように実施していくか、長年自動車産業でモノづくりにかかわってきた講師が、QC七つ道具をはじめとした品質管理の基本から、QAネットワークといった新しい品質管理技術、講師が得意とする「意図しない変化点に対する管理技術」について、演習や討議を通じて、腹に落ちるまで解説いたします。

※本セミナー受講者には、講師著書「トヨタ流品質管理に学ぶ! はじめての変化点管理」(日刊工業新聞社)を開講当日進呈いたします。

概要

日時

2018年 5月 28日(月) 10:00~17:00
(9:30 受付開始 休憩12:30~13:30)

会場 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
受講料

43,200円(資料含む、消費税込)
※1社複数名のご参加の場合、2人目より10%割引(38,880円)致します。ただし、同セミナーを受講される場合のみ適用させて頂きます。
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、開催日1週間前までにお支払いください。
  なお、キャンセルにつきましては開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。
  1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。

主催 日刊工業新聞社
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 業務局
イベント事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp

講師

原嶋 茂 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 東京本社
セミナールーム
東京都中央区
日本橋小網町14ー1
住生日本橋小網町ビル
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

 1. 品質管理とは何か
  (1)品質管理概論
  (2)品質管理発展の歴史
  (3)自動車業界における品質管理
     事例:トヨタ生産方式と品質管理
 2. 源流における品質の作り込み
  (1)初期流動管理
  (2)重要度ランク指定とその考え方
  (3)QFD、設計FTA、設計FMEAの基本
  (4)コンカレント・エンジニアリングと品質管理
     事例:ボーイング777の開発etc.
 3. 工程管理の実際
  (1)工程FMEA
  (2)工程能力調査
  (3)QC工程表
  (4)QAネットワーク
  (5)標準化と作業要領書
  (6)QC七つ道具
  (7)検査工程の考え方、削減の仕方
  (8)トレーサビリティシステム
  (9)それでも問題が発生したら
     事例:先輩の教訓、私の経験
  演習Ⅰ
   5M1Eで分けた特性要因図の作成
  演習Ⅱ
   工程管理の神髄QC工程表の作成
  演習Ⅲ
   SCMの視点でQAネットワークの作成
 4.変化点管理
  (1)変更管理と変化点管理
  (2)発見・処置・歯止めのツール、しくみ
     変化点管理におけるヒューマンエラー
     管理図の活用
     変化点管理板
     異常連絡・報告書
     なぜなぜ分析
     5ゲン主義
     過去トラの収集と掲示
  (3)職場風土と人材育成
 グループ討議
  テキストを用いて、品質に対する感度を高める訓練をおこなう
 質疑とふりかえり

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス