セミナー

機械設計技術基礎講座(2、3 級機械設計技術者試験準拠)対応
基礎力強化セミナー
流体工学、熱工学の重要論点

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

 日刊工業新聞社の通信教育講座「機械設計技術基礎講座」は、もともとは(一社)日本機械設計工業会主催の機械設計技術者試験を受験する方を主な対象として、機械設計技術者にとって必要とされる基本的な知識の習得を目指す内容のものとなっておりますが、テキストとレポートだけでは理解が進まない方や、試験対策としてではなく実務の入門的知識を学ぶ目的で活用する方のために、特に重要な論点をピックアップして解説する基礎力強化セミナーをご用意いたしました。
 主に社会人になってから本格的に機械設計を学び始めた方などの初学者を対象に、通信教育での添削だけでは理解が深まらない部分を解説と質疑応答で集中的に強化していただきます。
なお、通信講座を申込んでいない方で本セミナーを単発で申し込まれた方へは、受講後に当該科目に限り、担当講師によるレポート問題の添削サービスをご利用いただけます。

※成績処理や、後から通信講座を追加申込された際の成績への繰り入れといったサポートはございません 

通信教育講座「機械設計技術基礎講座(2、3級機械設計技術者試験準拠)」のWebサイトはこちら⇒こちら

概要

日時 2018年 5月 28日(月)10:00~17:00
(9:30受付開始 休憩 12:30~13:30)
会場 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
受講料 43,200円(資料含む、消費税込)
※同一会場にて1社複数人数で参加の場合、2人目より10%割引いたします(38,880円)
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、開催日1週間前までにお支払いください。
  なお、キャンセルにつきましては開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。
  1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。
主催 日刊工業新聞社
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 業務局
イベント事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp

講師

池川 正人 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 東京本社
セミナールーム
東京都中央区
日本橋小網町14ー1
住生日本橋小網町ビル
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

 通信教育講座「機械設計技術基礎講座(2、3 級機械設計技術者試験準拠)」
 テキストNO.2「機械要素設計、流体工学、熱工学」のうち「流体工学、熱工学」
 の下記プログラムから重要ポイントをピックアップして解説いたします。
 
 <流体工学>
 1. 基本事項 
 2. 静止流体の力学
 3. 流体の動力学 
 4. 流速及び流量の測定
 5. 運動量の法則 
 6. 管内の粘性流れ
 7. 物体回りの流れ 
 8. 流体機械
 <熱工学>
 1. 基本事項 
 2. 熱力学の法則
 3. 理想気体
 4. 気体の比熱 
 5. 伝熱 
 6. サイクル

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス