日刊工業新聞社 トピックス

  • トップ
  • 日刊工業新聞社 トピックス詳細
お知らせ

「日中モノづくり総覧2017」Webサイトを開設

(2017.08.28)

「日中モノづくり総覧2017」Webサイトを開設

日刊工業新聞社は中国で活躍する魅力ある日系企業の製品・技術を中国市場向けにPRする「日中モノづくり総覧(中日製造業設備工具大全)」を発行しています。

中国のモノづくりマーケットが活況を呈しています。中国では製造業の高度化・効率化、環境配慮などを内容とした「中国製造2025」の推進により機械需要を喚起しています。いまや労働集約型から高付加価値型への新産業時代に突入したともいわれており、より高度な技術へのニーズが強まっています。

中国企業は人件費の高騰、労働者の定着率低下に対応するため、自動化・省力化への対応を余儀なくされており、かつて同様な状況を克服してきた日本のモノづくりへの関心が高まっています。中でもサービスや技術的にすぐれた日本製品はますます注目を集めています。

日刊工業新聞社では、中国で活躍する日本の優良企業の魅力ある製品・技術を中国語で紹介するWebサイト中日製造業設備工具大全を開設しています。同時にスマホユーザーにもアプローチできるよう、中国で広く利用されているWeChat(微信)上でも閲覧できます。毎週WeChat上で現場で役に立つ情報や日本の最先端の情報を配信し、中国人フォロアーからの高い評価を得ています。


>>>「日中モノづくり総覧2017」 (中国語のサイトとなります。日刊工業新聞社が運営。)
http://www.asia-manufactures.com/ 
機械商社、工作機械メーカー、機械要素メーカー、ロボット関連メーカーなど各社の製品情報を中国語で掲載しております。
・・・山善、オークマ、三菱重工業、三菱電機、THK、三共製作所、安川電機、ダイヘン、不二越、三木プーリ、ハーモニックドライブ、ナブテスコ、C&Gシステムズ、日進工具、タキゲン、イマオなど (順不問)


◆次回「日中モノづくり総覧2018」に関して
現在、中国での販路開拓をご検討されている日系メーカー様向けに、企画書も下記サイト内で公開しております。中国語対応の公式HP、公式WeChatページの他、中国で開催される展示会でも計5万部、ムック形式の同誌を配布する企画となっております。
お申込締め切りは2018年3月下旬で、発行は6月初旬の予定です。
>>>媒体資料はこちら
http://asia-manufactures.com/2018.pdf


▽お問い合わせ
日刊工業新聞社 出版局雑誌部
TEL:03-5644-7447
https://pub.nikkan.co.jp/inquiries/

Twitter Facebook

日刊工業新聞社関連サイト・サービス