本間技術士事務所

本間 精一 氏

【略歴】
1963年、東京農工大学工学部工業化学科卒業。三菱江戸川化学(株)〔現・三菱ガス化学(株)〕入社。ポリカーボネートの応用研究、技術サービスなどを担当。
1989年、プラスチックセンターを設立、ポリカーボネート、ポリアセタール、変性PPEなどの研究に従事。
1994年、三菱エンジニアリングプラスチックス(株)の設立に伴い移籍。技術企画、品質保証、企画開発、市場開発などの部長を歴任。
1999年、同社常務取締役。
2001年、同社退社。本間技術士事務所を設立。
●著 書
「プラスチックポケットブック」(技術評論社)、「材料特性を活かした射出成形技術」(シグマ出版)、「射出成形特性を活かすプラスチック製品設計法」(日刊工業新聞社)、「要点解説 設計者のためのプラスチックの強度特性」(丸善出版)、「プラスチック製品の強度設計とトラブル対策」(エヌ・ティ・エス)、「基礎から学ぶ射出成形の不良対策」(丸善出版)、「プラスチック製品の設計・成形ノウハウ大全」(日経BP社)、「実践 二次加工によるプラスチック製品の高機能化技術」(エヌ・ティ・エス)、「やさしいプラスチック成形材料」(三光出版社)、「知っておきたいエンプラ応用技術」(三光出版社)