くらたマネジメント研究所 所長

倉田 義信 氏

【略歴】
日本電装(現デンソー)に技術職として入社し、品質保証、新製品立上げ、仕入先指導、検査、生産部門などあらゆるモノづくりプロセスに携わる。自動車走行安全関連製品の元工場長。品質向上と人材育成を柱にモノづくり革新に取り組み、事業の黒字化に貢献。その後、同社研修センターに移籍。講師としてグループ企業の管理・監督者研修、なぜなぜ分析など数多くの研修を通じて“人づくり”に関わる支援活動を展開する。現在、「くらたマネジメント研究所」を設立。品質保証・現場改善・人材育成の経験を活かし、各企業の人材育成に携わるほか、現場改善コンサルタントとして活躍中。
“モノづくりは、人づくり”、“働く仲間との信頼関係を築くコミュニケーションが原点”を信条とする。また、“笑顔あり、笑いあり”のユニークな気づき研修を特徴とし、数多くの受講生から慕われる。