元 三菱マテリアル(株) 筑波製作所 切削加工技術顧問

狩野 勝吉 氏

【略歴】
1960年、三菱マテリアル入社。東京製作所 技術開発部、筑波製作所 研究開発センターを経て、同社 筑波製作所 切削加工技術顧問、産業技術総合研究所 客員研究員、山梨県工業技術センター 客員研究員などを歴任する。
現在、高度職業能力開発促進センター 非常勤講師。所属学会 日本機械学会、精密工学会。
主として、切削工具の性能評価、難加工材・新素材の削り方や加工技術の改善に関する研究、切削加工のトラブルシューティング、切削加工現場の人材育成などの業務に従事。おもな著書に「難削材の切削加工技術」(工業調査会)、「切削加工のトラブルシューティング」(同)、「データでみる次世代の切削加工技術」(日刊工業新聞社)、「初級技術者に伝えたい切削加工の技術&技能」(同)、「難削材の上手な削り方 ステンレス鋼」(同)、「難削材の上手な削り方 金型材料」(同)、「難削材の上手な削り方 チタン合金」(同)、「難削材・新素材の切削加工ハンドブック」(森北出版)などがある。