Material工房・テクノフレキス・代表

藤崎 淳子 氏

長野県南信工科短期大学校 非常勤講師
南箕輪村キャリア教育推進協議会 委員(非常勤職員)
【略歴】
長野県上伊那郡在住の設計者。1980年代より、工作機械販売商社、樹脂材料・加工品商社、プレス金型メーカー、基盤実装メーカーなどの勤務経験を経てモノづくりの知識を深める。紆余(うよ)曲折の末、2006年にMaterial工房・テクノフレキスを開業。現在も、従業員は自分だけの一人ファブレス看板に、現場打ち合せ、設計、部品加工手配、組み立て、納品を一人でこなす。数ある加工手段の中で、特にフライス盤とマシニングセンタ加工の世界にドラマを感じており、切削加工の魅力をもっと多くの人へ伝えたいと考えている。また、「ママさん設計者シリーズ」と称した、モノづくり初心者にやさしい技術コラムの執筆と、製造現場に向けた次世代モノづくり人材育成活動として、3Dツールを活用した一気通貫モノづくりの講習を行っている。