セミナー


防爆エンジニアリングと
防爆機器の開発・申請

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

 防爆は爆発性ガスや液体を使用している化学プラントや工場などで爆発を発生させないようにすることで、防爆環境の整備や防爆機器を使用することが法令で定められています。 
 特に防爆機器は、日本をはじめ海外諸国も機器が法令と規格に適合していることを第三者機関が審査し、認証しています。
 本セミナーでは、防爆規格や設計要領をご説明した上で、申請、認証の流れをご紹介し、初めての方でも防爆機器の開発に取り組むことができることを目的としています。

概要

日時 2017年10月4日(水)10:00~17:00
(9:30受付開始 休憩 12:30~13:30)
会場 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
受講料 43,200円(資料代、消費税込)
※1社複数名のご参加の場合、2人目より10%割引(38,880円)致します。
   ただし、同セミナーを受講される場合のみ適用させて頂きます。
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込にて開催日までに必ずお支払いください。尚、お支払い済みの受講料はご返金できかねますので、ご了承ください。
主催 日刊工業新聞社
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 業務局
イベント事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp

講師

吉川 修 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 東京本社
セミナールーム
東京都中央区
日本橋小網町14ー1
住生日本橋小網町ビル
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

1.防爆機器の概要
 (1)爆発と安全保護
 (2)防爆機器と関連法令、規格
 (3)防爆機器に求められること
 (4)国内防爆と海外防爆
 2.防爆機器の使われ方
 (1)防爆機器とは
 (2)防爆機器の選定
 (3)設置
 (4)メンテナンス
 3.防爆規格に基づく製品開発
 (1)防爆機器の仕様と開発設計
 (2)主な保護構造の設計要件
 4.認証のための評価試験と申請要領
 (1)規格適合性の検証と評価試験
 (2)申請要領、要件と設備
 5.費用と期間
 (1)費用(申請、認証費用)
 (2)期間(開発、申請、審査)

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス