セミナー

概算見積りができれば低コスト化設計を達成できる!
図面を描く前にデキる部品費と型費の概算見積り法

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

 急激に技術力を身につけた隣国をはじめ、世界のどの工業国でも限りなく高品質(Q)の商品を開発できる実力を有しています。そこに、「C(コスト)」と「D(期日)」と「Pa(特許)」を加味する商品開発のストラテジーを有してはじめて、競争の土俵にのぼれる時代となりました。特に「C」に関しては、熾烈な競争が展開されています。
 コスト競争に勝つために、多くの企業では「低コスト化活動」が盛んです。ところが、「二体部品の一体化」や「金属部品の樹脂化」といったアイデアで、本当に低コスト化が図れるのでしょうか?このような図面がないシーンでも、コストと型費の概算見積りが設計者や生産技術者に求められています。この概算見積り「設計見積り」と言います。
 また、100円ショップのオーナーから「50cmの定規を設計してほしい」との注文があったとき、図面を描く前の構想段階で、定価100円に対する設計の目標コストを決定し、材料選択をはじめ、設計が可能か否かを判断する必要があります。前述と同様に、この概算見積りを「設計見積り」と言います。
 そこで本セミナーは、やさしい講義と豊富な演習で、これらの方策を提示します。

概要

日時

2018年 1月 24日(水)10:00~17:00
(9:30受付開始 休憩 12:30~13:30)

会場 日刊工業新聞社 大阪支社 セミナールーム
受講料

43,200円(資料、消費税込)
※1社複数名のご参加の場合、2人目より10%割引(38,880円)致します。ただし、同セミナーを受講される場合のみ適用させて頂きます。
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込にて開催の前日までに必ずお支払いください。尚、お支払い済みの受講料はご返金できかねますので、ご了承ください。
※1/23(火)開催の「材料選択の目利き力で設計力アップ」セミナーと併せてお申込みいただいた場合は、2日間のセット受講料(69,120円、20%割引)で受講できます。

主催 日刊工業新聞社
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 業務局
イベント事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp

講師

國井 良昌 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 大阪支社
セミナールーム
大阪市中央区北浜東2-16
TEL06-6946-3382
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

第1章 加工知識と見積り力でコストの目利きを養う
 (1)図面を描く前にコストが読める設計者になろう
  ・自分が設計した部品コストがおよそいくらかを知る
 (2)詳細な原価計算ではなく、設計者が把握すべきは「概算見積り」
  ・部品費=材料費+加工費・・・この式で十分!
 (3)設計者がコスト見積りを学ぶポイントとは
  ・汎用性の高い板金、樹脂、切削部品のコスト見積りを学ぶ
  ・設計時に必要な概算見積りができる力を身につける
  ・開発の初期段階や既存部品の低コスト化検討にも活かせる
第2章 板金加工部品の概算見積り
 (1)板金の加工法を理解する
  ・設計者に必要なのは頻度の高い加工法だけで良し!
  ・打ち抜き/曲げ/絞り/溶接だけを理解すれば良い
 (2)精度・公差を知る
  ・公差はコストと密接に関係している
 (3)材料費の概算見積り
  ・素材の種類によるコスト係数を知る
 (4)加工コスト・型費の概算見積り
  ・単発型を用いた場合の部品加工費と型費の見積り方法
  ・順送型を用いた場合の部品加工費と型費の見積り方法
 (5)量産効果の「見える化」でコストの増減を理解する
 (6)100円ショップの商品で見積り演習をしてみよう!
  ・板金加工部品の概算見積り
  ・型費の概算見積り
  ・スポット溶接の概算見積り
第3章 樹脂成形部品の概算見積り
 (1)樹脂加工法を理解する
  ・設計者に必要なのは頻度の高い加工法だけで良し!
  ・樹脂部品は、射出成形だけを理解すれば良い
 (2)樹脂成形における加工精度について
  ・公差はコストと密接に関係している
 (3)材料費の概算見積り
  ・素材の種類によるコスト係数を知る
 (4)樹脂部品の製造コスト、型代の概算見積り
 (5)量産効果の「見える化」でコストの増減を理解する
 (6)100円ショップの商品で見積り演習をしてみよう!
  ・樹脂部品の概算見積り
  ・型費の概算見積り
第4章 切削加工部品の概算見積り
 (1)切削加工法を理解する
  ・設計者に必要なのは頻度の高い加工法だけで良し!
  ・研削、フライス、旋盤だけを理解すれば良い
 (2)研削と切削の境界を知る
  ・加工精度の境界がコストの境界
 (3)材料費の概算見積り
  ・素材の種類によるコスト係数を知る
  ・切削部品の製造コストの概算見積り
 (4)切削部品の製造コストの概算見積り
 (5)量産効果の「見える化」でコストの増減を理解する
 (6)身近な部品で見積り演習をしてみよう!
  ・軸の加工コストの概算見積り
  ・材料取り、外径加工、溝加工、その他

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス