セミナー

学校設計では習えない設計のノウハウを体系的に学んで即戦力に!
実用機械の設計手ほどき

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

   機械の製造原価の80%は設計で決まるといわれます。
 この重要な設計段階でツボを押さえた製作情報を図面に作りこんでこそ、材料や工数を低減して利益を増大することができます。そこで、設計者の育成強化は経営戦略としても重要になってきます。
 しかし、学校で機械工学を修得しただけでは実用機械の設計はできません。工学は技術知識の体系であり、実際に機械を構成する設計とはまったく別物であるからです。従来は実務で失敗を繰返していくなかで設計技法を体得するものとされてきました。
 しかし、短納期・低価格を追求する今日、失敗を重ねる時間もコストも許されません。これまで、設計の基礎といえば軸やボルトの計算か、ウインチやポンプの設計という定形課題でしたが、本セミナーでは講師の豊富な体験を通した「設計技法」のノウハウをわかりやすく解説します。
 これからの設計部門を担う新人や入社2、3年の若手設計者、異動で設計担当になった方々等を対象に一日でノウハウを体系的に学べるコースとしておすすめします。

概要

日時 2017年12月7日(木) 10:00~17:00
会場 日刊工業新聞社名古屋支社 6階セミナー会場
受講料 43,200円
(消費税・テキスト代・昼食代を含む)
※複数人数同時にお申込みの場合2人目から38,880円
日本金型工業会、中部プラスチックス連合会の正会員の方は15%割引とさせていただきます。
但し割引対象が重なる場合は、どちらか一つの割引を適用させて頂きます。
<ご注意>
受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、開催日1週間前までにお支払い下さい。
なお、お払込みの受講料は開催日1週間前までのキャンセルについては返金可能です。
それ以降のキャンセルはお返しいたしません。
※振込手数料は貴社でご負担願います。
定員 42名
主催 日刊工業新聞社
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 名古屋支社 イベントG
TEL:052-931-6158 FAX:052-931-6159
E-mail: nk-semi@media.nikkan.co.jp
【1】雇用調整助成金等について 【お問い合わせ先】 最寄りのハローワーク
雇用調整助成金、中小企業緊急雇用安定助成金の対象となる場合があります。
【2】自治体等の助成金について

以下の市内の中小企業(製造業)の方は各種補助金事業等の対象となる場合があります。

詳しくはセミナー申し込み前に各担当部署にご確認ください。
助成金

講師

渡辺 康博 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 名古屋支社
6階セミナー会場
名古屋市東区泉2-21-28
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

 1. 機械設計の周辺知識
      1 . 1   機械の設計とは何か
      1 . 2   機械設計の手順
      1 . 3   設計ミスを防止する
 2. 設計構想の立て方
      2 . 1   問題解決の方法
      2 . 2   機構の選択
      2 . 3   簡易機械の構想演習
      2 . 4   電極の位置決め構想例
 3. 組立図の書き方
      3 . 1   部分組立図を書くには
      3 . 2   溶接構造を取り入れよう
      3 . 3   市販部品の活用
      3 . 4   安全への配慮
      3 . 5   設計上の留意点
      3 . 6   製作への配慮
      3 . 7   運搬・据付への配慮
      3 . 8   運転操作への配慮
      3 . 9   保守・修理への配慮
 4. 組立図と機械要素
      4 . 1   機械要素とは
      4 . 2   軸受の使い方
      4 . 3   ボルトの使い方
      4 . 4   軸設計のポイント
      4 . 5   軸継手
      4 . 6   ピンの使い方
      4 . 7   歯車
      4 . 8   チェーン伝動
      4 . 9   ベルト
      4 . 10 タイミングベルト
      4 . 11 ばね
      4 . 12 トグルクランプ
      4 . 13 座金
      4 . 14 ハンドル・レバーの選定
      4 . 15 Oリングの使い方
 5. 部品図の書き方
      5 . 1   部品図と部品表
      5 . 2   部品図作成上の注意点
      5 . 3   旋盤加工の部品図
      5 . 4   フライス盤加工の部品図
      5 . 5   ボール盤加工の部品図
      5 . 6   平削り盤加工の部品図
      5 . 7   溶接加工の部品図
      5 . 8   鋳造の部品図
      5 . 9   部品の表面硬化処理
      5 . 10 部品の防錆処理
 6. 機械の設計事例
      6 . 1   コンベア旋回台の設計
 7. 質疑応答

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス