セミナー

文系出身者や営業・購買担当など
設計製図を専門で学んだことがない方に最適!!

はじめて学ぶ初心者のための
「基礎からわかる図面の読み方」

~商談・打合せでの議論に取り残されないために
必要なこと~

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

ものづくりは、何をつくるかを「考え」、考えたとおりに「つくり」、そして「売る」の3ステップです。この「考えたことを伝えるツール」が図面です。どのような形なのか、その大きさや、狙いの寸法に対して許されるずれを表す公差、表面の滑らかさなどの情報を図面で伝えます。この図面どおりにつくるのが現場ですが、図面を読むのは加工者だけではありません。資材購買は図面を見て社内加工するのか、外注するのかを判断します。生産管理は、図面から生産計画を立案します。品質管理では図面が合否の判定基準です。また営業担当者は図面を見ながらお客様と仕様を打ち合わせます。このように図面を読む作業は多岐にわたります。しかし、文系出身の方が多くおられる間接部門の担当者が、系統だって図面の知識を習得する機会は少ないのが現状です。
 そこで、本セミナーははじめて図面の知識を学ぶ方や、これまで得た知識を整理したい方を対象に立体モデルを手にしながら、演習も踏まえて基礎からお伝えします。予備知識の無い方も安心してご参加ください。
 なおものづくりに必要な三大基礎知識(読図・材料・加工)を習得するために、2月20日開催の『はじめて学ぶ初心者のための「基礎からわかる加工材料」』2月21日開催の『はじめて学ぶ初心者のための「基礎からわかる機械加工」』も併せて受講することをお奨めします。

***************************************
<受講対象者>
・新卒者
・資材購買、生産管理、品質管理、営業の担当者
・図面の基礎を学び直したい方

<得られるスキル>
1)「立体の形をイメージする」手順をつかむ。
2)「図面にあらわされた情報の読み方」を習得する
***************************************

概要

日時

2018年 2月 19日(月) 10:00~17:00
(9:30受付開始 休憩11:45~12:45)

会場 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
受講料

43,200円(資料含む、消費税込)
2月20日「基礎からわかる加工材料」
 2月21日「基礎からわかる機械加工」
両セミナーとのセット受講がおすすめです。

3日連続受講:90,720円(3割引) 2日受講:69,120円(2割引) 注)同一受講者による受講が適用条件となります。
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込にて開催の前日までに必ずお支払いください。尚、お支払い済みの受講料はご返金できかねますので、ご了承ください。

持ち物 鉛筆、消しゴム、ものさし
主催 日刊工業新聞社
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 業務局
イベント事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp

講師

西村 仁 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 東京本社
セミナールーム
東京都中央区日本橋小網町14ー1
(住生日本橋小網町ビル)
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

1.なぜ図面は必要なのか
 1.1 工業製品と工芸品の違い
 1.2 図面が果たす役割
 1.3 図面ルールは国家規格
2.立体をどのようにあらわすのか
 2.1 なぜ図面に立体図を使わないのか
 2.2 正面から見る視点
 2.3 第三角法を演習で理解する(個人演習)
3.形をイメージする
 3.1 木彫りの考え方を使う
 3.2 演習で理解を深める(個人演習)
4.図面用紙の構成と寸法表示の読み方
 4.1 図面サイズと尺度
 4.2 寸法記入法の違いを理解する
 4.3 便利な寸法補助記号
5.公差の読み方
 5.1 数値であらわす「寸法公差」と「普通公差」
 5.2 記号であらわす「はめあい公差」
 5.3 形が対象の「幾何公差」
6.表面粗さの読み方
 6.1 表面のなめらかさをあらわす
 6.2 いまも旧記号が使われている表面粗さ
7.まとめと質疑応答
*セミナー当日は鉛筆、消しゴム、ものさしをご持参ください。
※使用テキスト
本セミナーでは「図面の読み方がやさしくわかる本」(日本能率協会マネジメントセンター)をテキストとして使用します。
受講者へは開講当日、進呈いたします。

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス