セミナー


標準時間設定の基礎と設定時間短縮法
正しい標準時間の設定を行い、更なるレベルアップをめざす!!

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

 皆さんの会社では、標準時間が設定されているかご存じですか? 標準時間は、作業が決められた通り行われているかを判断するための基準となるものです。 正確な判断を行うためには、正しく標準時間が設定されていることが求められます。 また、予め自社タイムテーブルの作成(標準時間資料)を行っておくことにより、標準時間の設定時間を短縮することができます。 ぜひこの機会に正しい標準時間の設定を行い、会社のレベルアップをめざしてください。

 

======★ セミナーのポイント ★======

① 標準時間の正しい設定方法を体系的に習得することができる
② 演習に取り組むことにより、自社で標準時間設定を行う際のヒントを得られる
③ 自社タイムテーブル(標準時間資料)の作成法を習得できる

概要

日時

2018年1月26日(金)

10:00~17:00(昼食付)

会場 日刊工業新聞社名古屋支社 6階セミナー会場
受講料 43,200円
(消費税・テキスト代・昼食代を含む)
※複数人数同時にお申込みの場合2人目から38,880円
日本金型工業会、中部プラスチックス連合会の正会員の方は15%割引とさせていただきます。
但し割引対象が重なる場合は、どちらか一つの割引を適用させて頂きます。
<ご注意>
受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、開催日1週間前までにお支払い下さい。
なお、お払込みの受講料は開催日1週間前までのキャンセルについては返金可能です。
それ以降のキャンセルはお返しいたしません。
※振込手数料は貴社でご負担願います。
定員 42名
主催 日刊工業新聞社
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 名古屋支社 イベントG
TEL:052-931-6158 FAX:052-931-6159
E-mail: nk-semi@media.nikkan.co.jp
【1】雇用調整助成金等について 【お問い合わせ先】 最寄りのハローワーク
雇用調整助成金、中小企業緊急雇用安定助成金の対象となる場合があります。
【2】自治体等の助成金について

以下の市内の中小企業(製造業)の方は各種補助金事業等の対象となる場合があります。

詳しくはセミナー申し込み前に各担当部署にご確認ください。
助成金

講師

添田 英敬 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社名古屋支社
6階セミナー会場
名古屋市東区泉2-21-28
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

 1. 標準時間の概要
 (1) 作業測定の意義
 (2) 標準時間の活用法
 (3) 標準時間の定義と構成
 (4) ハイタスク基準とロータスク基準
 (5) 設備に対する標準時間設定の考え方
 2. 標準時間設定に必要なIE手法
 (1)IEとは何か?
 (2) 直接時間研究とレイティング
 (3) ワークサンプリング
 (4) 既定時間標準法(PTS法)
 (演習) レイティング実践
 3. 標準時間資料の基礎と作成法
 (1) 標準時間資料法の定義と特徴
 (2) 標準時間資料の作成手順
 (3) 2種類の標準時間資料の作成法
 (4) 余裕率の設定
 (演習) 標準時間資料を用いた標準時間の設定
 4. 標準時間の設定法と活用法
 (1) 設定手順
 (2) ライン作業の標準時間の設定法
 (3) 機械の複数台持ち作業の標準時間の設定法
 (4) 段取作業の標準時間の設定法
 (5) 標準時間の活用法
 (演習) ライン作業の標準時間の設定
 (演習) 機械の複数台持ち作業の標準時間の設定
 【持ち物】
 ・電卓
 ・パソコン( Excel2007以降のヴァージョンがインストールされているもの)

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス