セミナー

「トコトンやさしい段ボールの本」を使って丁寧に解説します
段ボールの特性と包装設計に必要なポイント(入門編)
~物流などの包装関係を取り扱うすべての方向けの入門講座~

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

 100年以上も前に発明された段ボールは、私たちの生活の中に深く浸透し、今ではなくてはならない存在です。中身をしっかり守り安全に送り届けるための段ボール箱は、これからもその役割を果たし続けるでしょう。しかし、それがいったいどのように作られて、どんな特性を持っているのか、普段はそのようなことを意識されることがないかもしれません。よく目にする段ボール箱にも、実はさまざまな考えや工夫が施されています。
 現在、段ボールの原料の90%以上が回収されてきた古紙です。古くから親しまれリサイクルの優等生とも呼ばれる段ボールですが、これを包装としてうまく使いこなすにはその特性をつかむことが重要です。
 本セミナーでは、書籍「トコトンやさしい段ボールの本」の執筆を担当した講師の解説により、急速に進化している段ボールのすごい実力や便利な機能、強さの秘密などを、その作り方からさかのぼって初心者の皆さんにもよく理解できるよう説明し、段ボール包装設計の基本と段ボール箱の特性について解説していきます。
 包装設計、商品開発、物流など、普段、段ボールに深くかかわる業務をされていながら専門知識をわかりやすく吸収したいと考えているすべての方に強くオススメします!

※当セミナーの受講当日、「トコトンやさしい段ボールの本」を受講者全員に進呈いたします。
※お申込みの際、既にお持ちの予備知識や「このセミナーで特に知りたいこと」などをお寄せください。当日の講義内容に反映させていただきます。

 

概要

日時 2019年 3月 11日(月)
13:30~17:00(13:00 受付開始)
会場 日刊工業新聞社 大阪支社 セミナー会場
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
受講料 32,400円(資料含む、消費税込)
特別価格 21,600
対象:当社通信教育講座を受講中もしくは本セミナーと同時に受講申込した企業の方
対象者の方は申込フォームの「備考」欄に【包装技術学校】または【機械設計】とご記入ください。
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、開催日1週間前までにお支払いください。
  なお、キャンセルにつきましては開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。
  1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。
主催 日刊工業新聞社
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 業務局
イベント事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp

講師

東山 哲 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 大阪支社
セミナールーム
大阪市中央区北浜東2-16
TEL06-6946-3382
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

第1部(13:30~15:00)
 1.段ボールとは
  (1)段ボールの種類
  (2)統計データから見る段ボール
  (3)段ボールの最近のトレンド
 2.段ボール原紙
  (1)原紙の種類と規格
  (2)製造工程
  (3)原紙の特性と主な試験方法
 3.段ボール箱
  (1)主な箱の形式
  (2)製造工程
 (10分休憩)
第2部(15:10~17:00)
  4.段ボール箱の設計と評価
  (1)伸ばし寸法
  (2)圧縮強さの推定方法
  (3)段ボールの試験方法
 5.段ボール箱の特性
  (1)湿度の影響
  (2)保管期間の影響
  (3)積み方の影響
 質疑応答

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス