セミナー

製造現場の能力格差が増大するいまだからこそ理解したい!
工程FMEAの正しい進め方と品質不良の未然防止の活動方法
̶「気づく技術力」を鍛え、工程改善案を導き出し、良い議論で未然防止につなげる

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

 「工程FMEA(PFMEA)とは、その名の通り、製造ラインで、設備、治具を作成する前に工程内でどのような欠陥が発生するかを抽出し、その欠陥により発生する不良やばらつきなどの現象が製品や製造工程にたいしてどのように影響するかを解析し、事前に問題点を予測・抽出し、その欠陥が発生しない工程とする品質不具合未然防止手法です。
 ところが、「工程故障モードの抽出や原因分析がうまくできない」「評価した工程故障モードなどを未然防止活動につなげられない」・・・といった声が多く聞かれます。結果、ますます増加する社告やリコールとなって表れています。
 本講座は、工程FMEAの基礎と不具合の未然防止のコツを解説。演習を通じて、工程FMEAの留意点を理解し、製造工程の不具合に「気づく技術力」を鍛え、未然防止活動につなげる実践力を身につけます。具体的には、評価結果をもとに工程改善案を自ら導き出したり、良い相互での議論を通じてより良い工程改善案につなげたりすることができるようになります。
 製造部門の入社3~10年目程度の生産技術者や現場スタッフ、現場指導をするリーダーやマネージャー、設計、品質保証部門の方の参加をお奨めします。

概要

日時 2019年 3月 13日(水) 10:00~17:00
(9:30 受付開始 休憩12:30~13:30)
会場 日刊工業新聞社 大阪支社 セミナー会場
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
受講料 43,200円(資料含む、消費税込)
※同時複数人数お申し込みの場合2人目から38,880円
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、開催日1週間前までにお支払いください。
  なお、キャンセルにつきましては開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。
  1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。
主催 日刊工業新聞社
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 業務局
イベント事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp

講師

山中 万三三 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 大阪支社
セミナールーム
大阪市中央区北浜東2-16
TEL06-6946-3382
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

はじめに
 ・工程FMEAと天気予報
 ・リコール状況
 ・守るから攻める品質管理へ
 ・未然防止の大切さ
 ・企画~量産での品質つくり込み
 ・工程設計段階での品質つくり込み
 ・工程FMEAの基本的考え
1.工程FMEA実施の基本
 1-1 いつやるのか?
 1-2 どれをやるのか?
 1-3 どこをやるのか?
 1-4 だれがやるのか?
 1-5 どうやるのか?
2.工程FMEA実施手順
  Step1. 事前準備
  Step2. 工程FMEAワークシート記入
3.工程FMEA実施事例
 3-1 事例概要
 3-2 工程FMEA実施手順
  Step1.事前準備
  Step2.工程FMEAワークシート記入
4.工程FMEA演習
 4-1 工程FMEA演習要領
   1)工程FMEA演習概要
   2)演習課題
   3)道具
   4)演習時作成シート
   5)各班内の役割と人員
   6)発表&討議時のレイアウト
 4-2 工程FMEA演習実施
   1)工程FMEA実施手順
     Step1.事前準備
     Step2.工程FMEAワークシート記入
5.ポカヨケの方式~工程改善のヒント~
 5-1 品質不具合品発生防止のポカヨケ方式
 5-2 品質不具合品流出防止のポカヨケ方式
6.工程FMEAまとめ
 6-1 工程FMEAの目的
 6-2 工程FMEAの実施手順
 6-3 工程FMEA実施のポイント
 最後に

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス