セミナー

機械材料を正しく選び、使いこなすための
「金属材料」再入門

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

 機械設計者には、製品の構造や使用条件などを考慮して最適な機械材料を選択することが要求されます。さらには、小型・軽量化に伴う素材変更や、材料の標準化による低コスト化設計なども求められますが、切削材料や板金材料など、それぞれの材料特性を理解しておくことが必須です。ところが、現場レベルでは技術的に機械材料の体系を知る機会が限られており、十分な理解のもとに選択されているとは言い難いです。
 本講座では、機械材料の基礎を占める鉄鋼に焦点を当て、その性質から種類と成分、表面処理による機能性付与まで、「最低限これだけは知っておきたい!」という基礎知識をやさしく解説します。機械材料を適切に選択するためには、物理的性質および機械的性質の知識が求められますが、再度、これらの理解を深めるための機会としてください。
 なお、本講座はシリーズ企画となっており、4月19日開催の「熱処理技術の基礎」と併せて受講されることをオススメします。

※講義テキストには「絵とき『機械材料』基礎のきそ」を使用します。

概要

日時 2019年 4月 18日(木) 10:00~17:00
(9:30 受付開始 休憩12:30~13:30)
会場 日刊工業新聞社 大阪支社 セミナー会場
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
受講料 43,200円(資料含む、消費税込)
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、原則として開催日1週間前までにお支払いください。
  なお、キャンセルにつきましては開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。
  1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。
主催 日刊工業新聞社
お申込について ※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 総合事業局
教育事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

坂本 卓 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 大阪支社
セミナールーム
大阪市中央区北浜東2-16
TEL06-6946-3382
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

1.機械材料の性質
 1-1 機械材料に必要な性質  
 1-2 金属の性質
 1-3 溶融と凝固、合金の状態変化と状態図  
 1-4 金属材料の加工性  
 1-5 金属の加工と結晶
2.鉄鋼の製造と種類、加工
 2-1 製鉄と製鋼  
 2-2 鋼塊と圧延、鋳造  
 2-3 鉄と鋼、合金鋼、鋳鋼、鋳鉄
 2-4 塑性加工
 2-5 転造加工
 2-6 溶接と接合
 2-7 表面処理
3.鋼の熱処理
 3-1 熱処理の種類と目的  
 3-2 恒温変態を利用した熱処理  
 3-3 焼入性  
 ※詳細は、4月19日(金)開催の「熱処理技術の基礎」で解説します
4.鋼の種類と用途
 4-1 強靱鋼
 4-2 炭素鋼
 4-3 ハイス
 4-4 ステンレス鋼
5.非鉄金属材料と非金属材料
 5-1 非鉄金属材料
 5-2 非金属材料
6.特殊材料
 6-1 焼結材料
 6-2 形状記憶合金
 6-3 機能性材料
 6-4 複合材料

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス