セミナー

気鋭の若手研究者が原理から指南します!
ゼロから学ぶ!機械学習と機械学習を使った画像認識/音声認識・対話

開催主旨

 「AI社会実装推進調査報告書(AI白書2019)」によると、「AIを導入している」と回答した企業は3.1%にとどまり、「実証実験(PoC)を行っている」と回答した企業(7.1%)を加えてもAI導入率は1割という状況です。また、IT関連のメディアによると、AI導入プロジェクトの「7割が失敗」とも言われており、昨今のAIブームにもかかわらず、AI導入は進展してないのが実情です。
 製造現場に目を向けると、自動検査や故障予測を目的に導入プロジェクトが立ち上がっていますが、狙った認識(識別)精度が得られず、導入に至らない例が多く聞かれます。おもな要因は、ユーザー側のAIリテラシーの欠如とAIベンダー側のドメイン(現場)の理解不足にあるという声があがっており、AI白書2019においてもユーザー側のAIの理解不足が課題にあげられています。また、日刊工業新聞社がAI導入企業の経営層と導入担当を対象にしたアンケートでも、AIリテラシーおよびAI人材の育成が最上位の課題にあがっています。
 本講座は、いま注目を集めている気鋭の若手研究者が、機械学習および機械学習を用いた画像認識、音声認識・音声対話をイチから指南し、AIユーザー企業として必須の知識を身につけます。人工知能研究会/AIRのチュートリアルとして実施し、そのわかりやすさで多数の現役技術者より好評を得た内容を再編成して提供します。
 講師は、人工知能研究会/AIR代表であり、孫正義育英財団の第2期生(正財団生)認定の佐久間洋司氏とPreferred Networksの兼平篤志氏、自律型アンドロイドERICAの研究に携わる井上昂治氏のいま最も注目される気鋭の研究者が務めます。

概要

日時 2019年8月31日(土)10:00~17:00
会場 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
受講料

21,600円(特別価格)

※振込手数料は貴社でご負担願います。

主催 日刊工業新聞社
協力 人工知能研究会/AIR
お問い合わせ先 日刊工業新聞社
大阪支社 事業出版部 セミナー係
TEL : 06-6946-3382
FAX : 06-6946-3389
E-mail : 
seminar-osaka@media.nikkan.co.jp

講師

井上 昂治 氏

兼平 篤志 氏

佐久間 洋司 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 東京本社
セミナールーム
東京都中央区
日本橋小網町14ー1
住生日本橋小網町ビル
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

1.機械学習概要
・機械学習で用いる数学
・機械学習分野の概要と基礎
・NumPy、scikit-learnの紹介
・ニューラルネットワークの基礎
・TensorFlow、Chainerの紹介
■KeyWord:微分、線形代数、確率、教師あり学習、目的関数、最適化、単回帰、重回帰、
 NumPy、scikit-learn、深層学習、ニューラルネットワーク、訓練、テスト、誤差逆伝播法
2.画像認識
・機械学習による画像認識の原理、学習手法
・応用事例
・開発の流れと推奨ライブラリの解説
・処理と故障予測の話題
・品質保証のための判別根拠
・認識以外のコンピュータビジョン分野での機械学習について
3.音声認識・音声対話
・音声認識の仕組み
・音声認識の最近のトレンド
・音声対話システムの構成
・スマートスピーカでの実装
■KeyWord:音声認識、隠れマルコフモデル、混合ガウスモデル、Attentionモデル、Connectionist temporal classification、
 End-to-end、音声対話、言語理解、対話制御、応答生成、スマートスピーカ

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる