セミナー

東京・大阪で大好評セミナー福岡にて開催!!
順送金型プレストラブル回避のための設計手法を一日で学ぶ

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

 このセミナーは、順送金型製作コストの低減と納期短縮に向けて、トラブルを抑える設計手法について紹介するものです。
 順送加工は、高品質、短納期、コスト削減に加え、効率化、高機能化を実現する手段として電子・電機などの小物精密部品はもとより、自動車などの大物部品の加工にも使われプレス加工現場では主流となっています。また最近ではタップ加工を組み込むなどますます進化しており、その重要度はさらに増しています。順送加工に用いられる金型は、一つの金型の中にいくつもの加工工程が組み込まれ、金型構造が複雑で部品点数も多くなります。また金型各部の動作や材料送り、位置決めなどへの配慮から、工夫すべき内容も飛躍的に増大します。
 そのため順送金型製作において設計は大変重要です。しかし設計図通りにできることは少なく、トラブルが発生してはじめて分かることもあり、修正や調整を加えて完成させています。トラブルが多ければ多い程修正や調整が難しくなり、完成までに多くの時間とコストを費やし大きな損失となります。
 そこでこのセミナーでは、トラブルを抑え大幅な修正が出ない設計をするためにはどうすればよいかを紹介します。

【対象者】
①順送金型の基礎知識を有する方
②順送金型の設計に携わっている方
③順送金型に新たに取り組む方
④順送金型の初~中堅技術者

概要

日時 2020年 3月 6日(金)10:00~17:00
会場 日刊工業新聞社西部支社4F セミナー室
(福岡市博多区古門戸町1-1)
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
受講料

2019年10月1日以降に開催される講座から、新税率(10%)を適用させていただきます。
消費税率の適用につきまして、何とぞご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。
44,000円(資料含む、消費税込)
※同時複数人数お申し込みの場合2人目から39,600円
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、原則として開催日1週間前までにお支払いください。
  なお、キャンセルにつきましては開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。
  1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。

定員 20名
主催 日刊工業新聞社
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 西部支社
業務部イベント担当
TEL.092-271-5715
FAX.092-271-5881
e-mail:kouen@media.nikkan.co.jp

講師

佐藤 裕幸 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 西部支社
4Fセミナー室
福岡県福岡市博多区
古門戸町1-1
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

1. トラブル抑制は、「設計」の役目
(1)順送金型はプレス加工界のヒーロー
(2)順送金型設計は創作
(3)トライ確認作業とトライ後調整
(4)トラブル対応の比較
(5)トライ後調整と金型費
(6)トラブルと金型の品質
(7)トラブル抑制による効果
2. トラブルを抑える設計に必要なこと
(1)設計トラブルの分析
(2)ケアレスミス
(3)検討・考慮不足によるミス
(4)想定不足によるミス
(5)想定不足を少なくすることが要
3. トラブルを抑える設計思考法
(1)想定とは
(2)想定を加えた設計手法
(3)後戻りはトラブル抑制に向かっている証拠
(4)想定域を拡大させる
(5)想定を深める
(6)想定の限界
4. 順送金型設計に取り掛かる前に押さえておきたいこと
(1)製品図面のチェック
(2)生産条件のチェック
(3)レイアウト作成の注意点
5. 製品不良を抑える設計手法
(1)バリをなくしたい
(2)せん断面が不均一
(3)スプリングバックをなくしたい
(4)ふくれやひけが発生する
(5)割れが発生する
(6)成形高さが出ない
(7)そりをなくしたい
6. 金型トラブルを抑える設計手法
(1)材料送りがスムーズにできない
(2)取り出しがうまくいかない
(3)かす上がり、かす詰まりが発生する
(4)パンチの折れやかじりが発生する
(5)材料が上型に喰い付く
(6)加工途中に材料が折れ曲がる
(7)ダイが割れる

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる