セミナー

各種部品の実施例や不具合事例を通じて理解する!
表面処理の正しい選択と使い方、トラブル対策

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

 付加価値向上の必須技術として表面処理への期待が年々高まっています。耐摩耗性耐食性を高めたり電気特性光学特性などの機能を付与したりできるからで、自動車部品から電気電子製品まで、その応用は拡大しています。一方で、表面処理を実施したにもかかわらず、意図した効果や機能が得られないケースが増加しています。表面処理への理解不足からその選択や使い方を誤ってしまったからで、表面処理に起因するトラブルが意外に多いです。
 本講座は、表面処理技術を網羅して解説します。基礎知識から具体的な使用方法および留意点などのノウハウを紹介し、表面処理により自社製品の付加価値向上につなげられる技術者の育成を目指します。各種部品の実施例不具合事例を通じて解説がなされるため、実践的なトラブル解決力が身につけられます。

【受講効果】
☆表面処理の基礎から応用までを包括的に学ぶことができます。
☆各種部品への実施事例やトラブル事例を通じて解説するため、具体的な使用方法や留意点などのノウハウを習得できます。
☆機械設計者はもちろん電気電子製品の設計者など、製品設計担当は必聴の基礎講座となっており、若手~中堅技術者の育成に役立ちます。

概要

日時 2019年 10月 4日(金)
10:00~17:00(昼食付)
会場

日刊工業新聞社名古屋支社 6階セミナー会場
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。

受講料

2019年10月1日以降に開催される講座から、新税率(10%)を適用させていただきます。
消費税率の適用につきまして、何とぞご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。
44,000円
(消費税・テキスト代・昼食代を含む)
※複数人数同時にお申込みの場合2人目から39,600円
日本金型工業会、中部プラスチックス連合会の正会員の方は15%割引とさせていただきます。
但し割引対象が重なる場合は、どちらか一つの割引を適用させて頂きます。
<ご注意>
受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、原則として開催日1週間前までにお支払い下さい。
なお、お払込みの受講料は開催日1週間前までのキャンセルについては返金可能です。
それ以降のキャンセルはお返しいたしません。
※振込手数料は貴社でご負担願います。

定員 42名
主催 日刊工業新聞社
お申込について ※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 名古屋支社 イベントG
TEL:052-931-6158 FAX:052-931-6159
E-mail:nk-event@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30
【1】雇用調整助成金等について 【お問い合わせ先】 最寄りのハローワーク
雇用調整助成金、中小企業緊急雇用安定助成金の対象となる場合があります。
【2】自治体等の助成金について

以下の市内の中小企業(製造業)の方は各種補助金事業等の対象となる場合があります。

詳しくはセミナー申し込み前に各担当部署にご確認ください。
助成金

講師

岡本 邦夫 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社名古屋支社
6階セミナー会場
名古屋市東区泉2-21-28
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

1. 表面処理とは
 1-1 考え方
 1-2 分類
 1-3 目的と効果
2. 表面処理の基礎
 2-1 表面処理における改質形態
 2-2 電子とイオンの違い
 2-3 真空の活用
 2-4 プラズマとの関連
 2-5 電磁波との関連
 2-6 表面処理の適材適所
3. 表面処理によって得られる効果
 3-1 腐食現象と防錆、防食の原理
 3-2 光関連(着色、光沢、光の反射防止、反射と透過)
 3-3 はっ水性と親水性
 3-4 電気的特性
 3-5 耐摩耗特性(摩耗の原因、摺動性)
 3-6 耐疲労性
 3-7 耐熱性
4. 水溶液による表面処理
 4-1 化学変化による表面処理〔化成処理、化学(無電解)めっき〕
 4-2 電気を使った表面処理(電気めっき、陽極酸化)
 4-3 粒子分散めっき
 4-4 被膜の欠陥事例
 4-5 密着性評価法
5. 物理的・化学的蒸着による表面処理
 5-1 物理的蒸着法(PVD)
 5-2 化学的蒸着法(CVD)
 5-3 硬化膜とその特徴
 5-4 使用時の留意点
6. イオンビームによる表面処理
 6-1 イオンビームと特徴
 6-2 イオンビーム蒸着とスパッタリング
 6-3 イオン注入
7. 熱処理による表面処理
 7-1 表面熱処理とは
 7-2 表面焼き入れ
 7-3 浸炭および浸炭窒化
 7-4 窒化および軟窒化
 7-5 他の拡散浸透処理
8. 溶融による表面処理
 8-1 溶融めっき
 8-2 溶射
9. 非金属被覆処理
 9-1 塗装
 9-2 溶剤塗装
 9-3 粉体塗装
 9-4 ライニング
 9-5 印刷方式
10. これからの表面処理

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる