セミナー


FMEAとDRの上手な使い方と未然防止の活動方法

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

 近年、社会の品質意識が変化し、消費者保護の観点から市場対策費用は著しく増加している。この品質問題を分析してみると、その原因は既知のもの(再発)が多く、設計者およびデザインレビュー審議者が気づかなかったために見逃した事例が多い。これは、全社のノウハウ、失敗事例を共有化し、活用し易い環境で十分検討すれば、設計段階で気づくことができ、未然防止が可能である事を示している。講師の元職場では、設計起因品質問題の予防のために、設計者や審議者が心配点に気づく画期的な道具を開発し、その道具を使用して、デザインレビューを実施し、効果を上げた。設計の品質問題を減らす取り組みは、どこでも実施されている。しかし、品質問題を0にする取り組みは、非常に難しく、達成するには、知恵と工夫が必要である。この目標を達成し、元職場の事業部としてデミング賞を受賞したので紹介する。

本セミナーの狙い
1. FMEAの効果的な実施方法
2. デザインレビューの効果的な実施方法
・ FMEAの目的は、設計段階で起こりうる故障モード全てに気づき、未然に解決する事である。FMEAでよく言われるのは、「FMEAを実施しても何の役にも立たない」と言われる事である。この原因の一つが、起こりうる故障モード全てに気づけない事です。いくら、FMEAのプロといわれる先生に習っても、たとえプロの先生にやらせても、効果的なFMEAはできません。なにが必要かというと、効果的なFMEAを実施するには、全ての故障モードに気づく知識が必要なのです。知識が無ければ、全ての故障モードに気づく道具が必要なのです。例えば、樹脂の部品を設計した時、樹脂の故障モードを全て知る事のできる道具です。起こりうる全ての故障モード情報や不具合事例を蓄積している会社は多いですが、有効活用をしている会社は、ほとんどありません。不具合事例集や、ノウハウは、使ってなんぼです。いくら、蓄積しても、何の役にも立ちません。不具合事例集または、起こりうる全ての故障モード情報を使いやすく加工し直す事が必要なのです。また、設計者と言っても、ベテランもいれば、初心者もいます。それぞれの能力に合わせた見やすい不具合事例集が必要です。この不具合事例情報を使いやすく加工し直す作業を知恵と工夫で実施した事例を説明する。
・ デザインレビューは性能、信頼性、価格、納期について、設計、品保、製造、専門家etc.の有識者で審査し、改善を図る事である。デザインレビューについて良く言われるのは、「活発な議論にならない」「議論が発散する」「一方的な設計説明で終わる」「形式的なDRになっている」などである。これは、デザインレビューの審議者も自分の仕事優先で、世のため人のために労力を使う人がいないというのが原因です。今回は、FMEAを設計者が実施した後、このFMEAの抜けを補てんするチーム活動デザインレビューの実施方法を紹介し、良く言われるデザインレビューのまずいやり方を解決する手法について説明する。最後に、FMEAとはどんな物か演習を実施する。

概要

日時 2019年 10月 16日(水)
10:00~17:00(昼食付)
会場 日刊工業新聞社名古屋支社 6階セミナー会場
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
受講料

2019年10月1日以降に開催される講座から、新税率(10%)を適用させていただきます。
消費税率の適用につきまして、何とぞご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。
44,000円
(消費税・テキスト代・昼食代を含む)
※複数人数同時にお申込みの場合2人目から39,600円
日本金型工業会、中部プラスチックス連合会の正会員の方は15%割引とさせていただきます。
但し割引対象が重なる場合は、どちらか一つの割引を適用させて頂きます。
<ご注意>
受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、原則として開催日1週間前までにお支払い下さい。
なお、お払込みの受講料は開催日1週間前までのキャンセルについては返金可能です。
それ以降のキャンセルはお返しいたしません。
※振込手数料は貴社でご負担願います。

定員 42名
主催 日刊工業新聞社
お申込について ※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 名古屋支社 イベントG
TEL:052-931-6158 FAX:052-931-6159
E-mail:nk-event@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30
【1】雇用調整助成金等について 【お問い合わせ先】 最寄りのハローワーク
雇用調整助成金、中小企業緊急雇用安定助成金の対象となる場合があります。
【2】自治体等の助成金について

以下の市内の中小企業(製造業)の方は各種補助金事業等の対象となる場合があります。

詳しくはセミナー申し込み前に各担当部署にご確認ください。
助成金

講師

本田 陽広 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社名古屋支社
6階セミナー会場
名古屋市東区泉2-21-28
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

1. はじめに(FMEA説明と仕事の重要ポイント)
 FMEAとデザインレビューとは何かの説明、FMEA、デザインレビューをうまくやるポイントを説明。
2. 設計不具合の反省
 2.1 品質問題の分析
 実際の不具合事例をもとに、どう品質問題を防げば良いか考える。
3. 未然防止の活動事例
 3.1 気づき能力強化FMEA作成、チーム活動の道具
 開発した、品質問題未然防止の道具について説明する。
 この道具を、FMEA作成やデザインレビュー時にどう使うのか説明する。
  3.1.1 FMEA辞書
  3.1.2 キーワード集
  3.1.3 マクロFMEA作成シート
  3.1.4 機能展開FMEA(参考)
  3.1.5 まとめ
 3.2 気づきの道具を活用したPQDR(チーム活動)の改善
 FMEAのデザインレビューのやり方を事例を使って説明する。
  3.2.1 実施計画(新規点・変化点の明確化)
  3.2.2 実施方法(心配点の抽出)
  3.2.3 心配点に気づく道具の効果
4. 管理面(人材育成、しくみ)の改善
 品質問題がなぜ起きたのか反省すると、ハード面の歯止めのみでなく、管理面の改善をしないと
 予防品質は不可能である。品質問題の多くは、設計者の問題ではなく、管理面が原因である事が多い。
 ここでは管理面の改善事例について説明する。
5. FMEAの演習
 FMEAとはどんな物か知ってもらうための演習を実施する。

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる