セミナー


【AIユーザ向け】関西AIビジネスセミナー
~関西でのAI活用拡大を目指して!~

開催主旨

 経済産業省 近畿経済産業局は、平成30年度に「平成30年度関西における中小・中堅企業等向けAI実装及びAI人材輩出を増大させるための方策検討調査」を実施。AIユーザサイドとしては「AIで何ができるか分からない」との声がある一方、AIベンダサイドとしては「これまでに活用されてこなかった領域においてもAI活用の可能性がある」との声があり、関西圏でのAI活用の拡大が見込まれる調査結果が得られました。
これらから、AIユーザサイド(候補含む)のAIリテラシーの向上と、AI活用による経営課題を解決する着想を得ることで、中小・中堅企業におけるAI活用が進展する可能性があると言えます。 
 そこで、今年度はAI活用による経営課題の解決方法や、AI活用時における知的財産権で注意すべき点を考察する場としてセミナーを開催します。AIベンダ・ユーザ(候補を含む)にAIの活用方法およびAI活用時における知的財産権の注意点を啓発することで、特に、中小・中堅企業等でAIの活用が進んでいなかった領域での利用拡大につなげることを目指します。

【受講対象】
AIユーザ(候補含む)、AI利用サービス事業者、支援機関、大学や公設試等研究者など

概要

日時 2019年 11月 1日(金)13:00~17:00
会場 TKP大阪梅田駅前ビジネスセンター
受講料 無料
定員 80名
主催 近畿経済産業局(運営:日刊工業新聞社)
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 大阪支社
業務局 事業・出版部
〒540-0031 大阪市中央区北浜東2-16
TEL(06)6946-3372/FAX(06)6946-3389
E-mail seminar-osaka@media.nikkan.co.jp

会場アクセス

TKP大阪梅田駅前ビジネスセンター(大阪市北区)

このセミナーを申し込む

プログラム

□開催挨拶(13:00~13:05)
 
□講演1(13:05~13:55)
「AI開発における『AIと契約・知財・法律』」
(講師:弁護士法人STORIA法律事務所 弁護士 柿沼 太一 氏)

AI ベンダは、AI ユーザ企業が提供するデータを利用して学習済みモデルを開発します。ただし、AI(統計的機械学習を用いたAI)の開発とルールベースの通常のシステム開発とでは、ユーザ企業の提供データの扱いや学習済みモデル等の成果物の知的財産権や権利の扱い、学習済みモデルの性能にかかる責任の所在など多くの相違点があります。そのような相違点と、これに関するベンダ・ユーザの相互理解の不足がAIの利活用を停滞する要因の1つとなっており、こうした課題に対応するのが「AI ・データ契約ガイドライン」です。「講演1」では、策定に関わった検討委員がガイドラインの概要と活用方法について、AIユーザを対象に解説します。
□講演2(13:55~14:45)
「国内外のAI開発の動向とわが国が進むべきAIビジネスの方向性」
(講師:(株)エクサウィザーズAI新聞 編集長 湯川 鶴章 氏)

AIの適用効果を限定的に捉えられる傾向にあり、結果、自社の課題解決に結び付けられていない例が散見されます。
「講演2」では、今後のAIユーザ候補となる中小・中堅企業を対象に、国内外におけるAI関連の技術動向とユースケースの紹介を通じて、AIのポテンシャルを理解していただき、自社業務へのAIの適用をイメージするきっかけを掴んでいただきます。
□休憩(14:45~15:00)
 
ツール・ソリューション紹介(AIベンダ4社)
□事例紹介1(15:00~15:25)
「NEC the WISEの活用事例とPoCを突破するための留意点」
(講師:日本電気(株)デジタルビジネスプラットフォームユニット AI・アナリティクス事業部 マネージャー 青木 勝 氏)

NECでは、画像・映像認識、数値解析、言語・意味理解、音声認識等のAI技術群を有し、AI技術ブランド「NEC the WISE」として展開。データの見える化・分析・対処におけるソリューションを提供し、多様な業界・業務で高い利用実績があります。また、顧客の情報活用の成熟度を踏まえた導入プロジェクトの推進により多くのプロジェクトでPoCの突破を達成しています。
「事例紹介1」では、NECのAI技術群の特徴とユースケースに加え、PoCを突破するうえでの留意点を解説。ユースケース等の紹介を通じて自社業務へのAIの適用をイメージする契機を掴んでいただくとともに、導入プロジェクトの進め方を理解していただきます。
□事例紹介2(15:25~15:50)
「ブレインの画像処理エンジンの特徴とAI-Scanの活用事例」
(講師:(株)ブレイン 代表取締役 神戸 壽 氏)

ブレインでは、トレイ上のパンを瞬時に識別・精算するBakeryScanを提供し、各店舗のレジ業務の効率化に寄与。ドイツやマレーシア等海外展開も始まり、注目度がより一層高まっています。また最近は、BakeryScanの画像処理エンジンを「AI-Scan」として提供し、ガン細胞識別システムをはじめ各分野での利活用が始まっています。
「事例紹介2」では、BakeryScanの画像処理エンジンの特徴からAI-Scanの活用事例の紹介を通じて、画像処理AIの活用により自社の経営課題の解決につながるヒントを参加者に掴んでいただきます。
□事例紹介3(15:50~16:15)
「KSKアナリティクスが提供するAIソリューションと活用事例」
(講師:(株)KSKアナリティクス 代表取締役 森本 好映 氏)

KSKアナリティクスでは、機械学習およびDeep Learning、データ前処理等AIソリューションを幅広く提供しています。中でも、プログラミング不要の機械学習ソフトウエア「RapidMiner」は、データサイエンティストが行うデータ可視化から機械学習モデルの作成、精度検証までを容易にできる特徴から、ロボットモータの予防保全やセンサデータを用いた良品・不良品判定等、各分野で多様な導入実績があります。
「事例紹介3」では、RapidMainerを中心にKSKアナリティクスが提供するAIソリューションと導入事例の紹介を通じて、AIの活用により自社の経営課題の解決につながるヒントを参加者に掴んでいただきます。また、関西圏で活動するAIベンダの立場から関西圏におけるAI・データ利活用の活性化に向け必要な取り組みも述べます。
□事例紹介4(16:15~16:40)
「新日本コンピュータマネジメントのAIビジネスへの取り組み」
(講師:新日本コンピュータマネジメント(株) AI技術推進室 次長 佐藤 明弘 氏)

新日本コンピュータマネジメントでは、画像・動画の人物認識の研究、また、IBM Cloud (IBM 社)、Microsoft Azure(Microsoft 社)、Google Cloud Platform(Google社)といったAI(クラウド)サービスを活用したチャットボットや顔認証、音声認識などのサービスの研究・開発を行っています。現在、サービス販売を目指し、社内でのシステム展開・利用を行っています。
「事例紹介4」では、社内AI 活用例をまじえ、AI の活用、既存の様々なAI(クラウド)サービス等を活用することによるメリットを参加者に掴んでいただきます。
□質疑応答&名刺交換(16:40~17:00)

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる