セミナー


切削加工における
正しい原価計算とコストダウン手法
大手自動車メーカーも採用する正しい原価計算と強い加工現場のつくり方

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

 超自動化、IoT カイゼン、一貫生産、マスカスタマイゼーションなどにより、製造業の国内回帰が進展しつつあります。これは国内製造業は、さらなるコストダウンが求められており、その達成のためには切削加工などにおける正確な原価の把握は必須です。原価計算の主な手法としては標準原価計算方法と実際原価計算方法がありますが、これらの計算方法では正しい原価を得ることが出来ません。結果、正しい利益が把握できず、適切なコストダウンの目標値を設定できない状況にあります。
 そこで、本セミナーでは小坂が世界で初めて開発した新たな原価計算方法を紹介します。開発した原価計算方法には、簡易計算方法と詳細計算方法の2 つがあります。初めに簡易原価計算方法をご紹介しますが、簡易計算方法でも、比較的正確に原価を計算できることができます。その後、詳細計算方法を紹介します。詳細原価計算方法は複雑であり、その計算にはツーリングなどを必要としますが、詳細原価計算方法では、どんな加工品でも、きわめて正確に原価を計算することが出来ます。
 次いで、コストダウン方法の基本的な手法を分かり易く説明し、小坂が指導している「工場全体のコストダウン方法の進め方」を指導事例に基づきご紹介します。
 最後に、切削速度の決め方について、お話しします。切削速度の決め方に付きましては、どこにも理論的に書かれた資料はありませんが、全ての刃具について分かり易くご説明します。
 切削加工における原価計算を自動的に行うツール(ソフト)などを開発・導入されている企業は多いはずです。本セミナーで紹介する手法を生かせば、より強力なツールにすることができます。
 切削加工技術者はもちろん、生産技術者や生産管理者、機械設計者などの参加をお奨めします。

【受講効果】
◎ごく簡単に、比較的正確な原価を得ることが出来る、簡易計算方法を習得出来ます。
◎きわめて正確な切削加工にかかる原価計算方法が習得できます(詳細原価計算方法)。
◎基本的なコストダウン方法と工場全体のコストダウンの進め方を習得できます。
◎どなたも提唱されていない、切削速度の理論的な求め方を習得できます。

概要

日時 2019年 12月 12日(木)
10:00~17:00(昼食付)
会場 日刊工業新聞社名古屋支社 6階セミナー会場
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
受講料 44,000円
(消費税・テキスト代・昼食代を含む)
※複数人数同時にお申込みの場合2人目から39,600円
日本金型工業会、中部プラスチックス連合会の正会員の方は15%割引とさせていただきます。
但し割引対象が重なる場合は、どちらか一つの割引を適用させて頂きます。
<ご注意>
受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、原則として開催日1週間前までにお支払い下さい。
なお、お払込みの受講料は開催日1週間前までのキャンセルについては返金可能です。
それ以降のキャンセルはお返しいたしません。
※振込手数料は貴社でご負担願います。
定員 42名
主催 日刊工業新聞社
お申込について ※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 名古屋支社 イベントG
TEL:052-931-6158 FAX:052-931-6159
E-mail:nk-event@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30
【1】雇用調整助成金等について 【お問い合わせ先】 最寄りのハローワーク
雇用調整助成金、中小企業緊急雇用安定助成金の対象となる場合があります。
【2】自治体等の助成金について

以下の市内の中小企業(製造業)の方は各種補助金事業等の対象となる場合があります。

詳しくはセミナー申し込み前に各担当部署にご確認ください。
助成金

講師

小坂 弘道 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社名古屋支社
6階セミナー会場
名古屋市東区泉2-21-28
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

1.小坂式・簡易原価計算方法と見積り(70分)
 1-1 小坂式・簡易原価計算方法(計算方法①)
 1-2 小坂式・原価計算方法②、③と見積と簡易原価計算の応用
  1-2-1 ワーク図
  1-2-2 所要情報
  1-2-3 課題ワークのツーリング資料(説明)
  1-2-4 小坂式・簡易原価計算方法と簡易原価計算方法の応用
2.小坂式・詳細原価計算用ツーリング資料(45分)
 2-1 対象ワーク図
 2-2 使用機械
 2-3 所要情報
 2-4 詳細原価計算用ツーリング資料と説明
3.ツーリング資料をもとにした「詳細原価計算とコスト分析」(75分)
 
4.切削加工作業の「正しいコストダウン方法」(50分)
 
5.コストダウンの進め方の実例(40分)
 5-1 対象ワーク:CYLヘッド
 5-2 マルタスB300Ⅱ
 5-3 所要情報
 5-4 シリンダーヘッドのツーリング資料と結果のまとめ
 5-5 小坂式・コストダウンの進め方
6.実用切削速度について(35分)
 
7.質疑応答&技術相談

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる