セミナー


ユーザー満足度を“科学的”に向上できる設計開発テクニック
- UX(ユーザーエクスペリエンス) 虎の巻 -

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

 近年モノづくり界では、ユーザーエクスペリエンス(UX)というキーワードが急浮上しています。日立製作所や東芝などの製造業大手が、UX専門の組織を立ち上げ、巷(ちまた)では「UXデザイナー」という職種の求人も増加傾向にあります。UXという用語の定義は本セミナーで丁寧に解説しますが、一言で言うと、「製品の使い勝手やユーザーの満足度」を指す概念だと考えてください。
営業マンの用語で言うと「CS(Customer Satisfaction : 顧客満足)」とほぼ同じ意味です。機能や性能といった技術面が優れている工業製品やサービスであっても、UXの考慮が欠けていると顧客の不評をうけてしまいます。21世紀のビジネスにおいて、UXは生き残りのための至上命題となりつつあります。
 近年では、UXを向上させるのに役立つ方法論(メソッド)が体系化されつつあり、シリコンバレーを筆頭とする米国では、UX向上に役立つ設計開発テクニックのノウハウが確立しつつあります。ものづくり全般の「設計開発」のテクニックの話ですので、IT(ソフトウェア)は勿論のこと、ハードウェアの設計開発にも応用可能です。このテクニックを習得することでUX向上を実現できる(再現性がある)ことから、まさに、UXは「ユーザー満足度向上の科学」と言えます。
 他方、残念ながら、日本のエンジニアにUXの思想が浸透しているとは言い難く、かつ、UXに関する知識を体系的に分かりやすく学べる教育プログラムも普及していません。その背景として、日本国内のUXが発展途上であり、UX向上業務を実際に経験したエンジニアの絶対数が少ないことがあります。
 講師は大手IT企業にてUX向上業務を実際に経験しました。そして、その経験とノウハウに基づき、日刊工業新聞社より「UX 虎の巻」という専門書を発刊しております。
 本セミナーでは、講師秘伝のUXの極意を余すことなく体得して頂けます。
受講後には、エンジニアリング業務に対する人生観が根本から変わることを断言致します。

※本セミナーを受講される方には、受講特典として講師著書『UX(ユーザー・エクスペリエンス)虎の巻-ユーザー満足度を向上する設計開発テクニック-』(日刊工業新聞社)を当日、進呈いたします。

概要

日時 2020年 1月 31日(金)10:00~17:00
(9:30 受付開始 休憩12:30~13:30)
会場 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます
受講料 44,000円(資料含む、消費税込)
*同時複数人数お申し込みの場合2人目から39,600円
※後日、別の方が追加で申込をされる際は、備考欄に先に申し込まれた方のお名前と複数割適用希望と記載ください。
(記載が無い場合は通常料金のご請求となります。予めご了承ください)
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、原則として開催日1週間前までにお支払いください。
  なお、キャンセルにつきましては開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。
  1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。
主催 日刊工業新聞社
お申込みについて ※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 総合事業局
教育事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

坂東 大輔 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 東京本社
セミナールーム
東京都中央区
日本橋小網町14ー1
住生日本橋小網町ビル
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

 1.イントロダクション
 
 2.UX概論
 (1).UXの定義
 (2).UXの近況
 (3).「UXのハニカム構造」(Peter Morville氏)
 (4).「The Elements of User Experience」(J. J. Garrett氏)
 (5).「誰のためのデザイン?」(D.A. N orman 氏)
 3.UXの前提
 (1).ユーザーとエンジニアの思考回路の違い
 (2).ユースケースと機能の関係性
 (3).「ウォーターフォール」 vs 「アジャイル」
 (4).「仕様(左脳)」 vs 「感情(右脳)」
 (5).製造業のサービス化
 (6).顧客が本当に必要だった物
 4.UX向上のための技法
 (1).代表的なUX向上メソッド
 (2).エスノグラフィ
 (3).ペルソナ/シナリオ法
 (4).ストーリーボード、ストーリーテリング
 (5).カスタマージャーニーマップ
 (6).サービスブループリント
 (7).アンケート、インタビュー
 (8).プロトタイピング
 (9).A/Bテスト
 (10).ユーザビリティ・テスト
 (11).ヒューリスティック評価
 (12).レビュー
 5.UXに重点を置いた設計開発及び品質評価のプロセス
 (1).ユースケースを網羅的に洗い出す
 (2).ユースケースシナリオを策定する
 (3).UXチェックリストを策定する
 (4).UXテストを実施する
 (5).UX品質の評価を行う (UX品質の捉え方)
 (6).設計の改善につなげる (設計へのフィードバック)
 6.UX向上に資するUI設計
 (1).UX低下を誘発するタブー (アンチパターン)
 (2).【議論】「良いUXのための良いUI」の定義を自分なりに考えてみよう 
 (3).「UI ガイドライン」の概論
 (4).「ユーザーインタフェースの設計」(Ben Shneiderman 氏)
 (5).UIデザインの基礎知識と手法と勘所
 (6).「UXスケッチ」を作ってみよう
 7.UXと関連する諸分野
 (1).UXと教養
 (2).UXとデザイン
 (3).UXとビジネス
 8.まとめ 「UXの神髄」

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる