セミナー

不良品を見つけて取り除く検査業務から品質を保証する検査業務への転換とは?
検査員の意識改革と検査業務改革の進め方
―「不良品を作らない!」「出さない!」ための検査業務の改善策と技術開発を徹底追求する実践講座

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

 「もし不良品が市場に流れたら!」。そう考えただけでも冷や汗が出ることでしょう。ところが現実には、多くのモノづくり現場はこのような危険と常に向かい合っています。
 いったん市場に流出した不良品により企業の信頼は地に落ち、これを回復するためには多大な時間コスト、労力を費やさなければならないことは過去の事例が物語っています。検査担当者1人ひとりが職責を十分確認していても、検査業務の欠陥システムの悪さが不良問題を引き起こしてしまいます。
 本セミナーでは、「不良品を作らない!」「出さない!」ための検査業務の改善策と検査技術の開発を、講師の豊富な体験と事例をもとにわかりやすく解説します。外注指導者、品質・検査担当者、工場管理者はもちろん、品質保証や検査部門の新任管理者の方々の受講をお勧めします。

※個別相談ご希望の方は当日にも受け付けますが、備考欄に記載お願い致します。

概要

日時 2020年 1月 30日(木)10:00~17:00
(9:30受付開始 休憩 12:30~13:30)
会場 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
受講料

44,000円(資料含む、消費税込)
※同一会場にて同時複数人数お申し込みの場合2人目から39,600円
※後日、別の方が追加で申込をされる際は、備考欄に先に申し込まれた方のお名前と複数割適用希望と記載ください。
(記載が無い場合は通常料金のご請求となります。予めご了承ください)
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、原則として開催日1週間前までにお支払いください。
  なお、キャンセルにつきましては開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。
  1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。
※講座によりましては、申込者が最少催行人数に達していない場合、開催決定まで受講票ならびに請求書の発送を見合わせて頂く場合がございます。

主催 日刊工業新聞社
お申込について 弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 総合事業局
教育事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

坂田 愼一 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 東京本社
セミナールーム
東京都中央区
日本橋小網町14ー1
住生日本橋小網町ビル
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

1.企業に利益をもたらす検査の正しい考え方
(1)検査の目的は? 
   ①検査の定義  ②検査の目的
(2)検査と品質管理
   ①品質情報の提供 ②品質意欲の刺激
(3)品質保証の基礎的な考え方
   ①検査と品質保証 ②検査の経済性評価
(4)検査の進め方とポイント
2.検査計画と検査管理の進め方
(1)検査計画で検討すべき重要項目
   ①検査対象を決める 
   ②検査方法を決める 
   ③検査項目を決める 
   ④検査環境と測定器の管理 
   ⑤検査の主体性
(2)検査(標準)の分類と内容
   ①検査の段階 ②検査場所 
   ③検査の性質 ④検査の方法
(3)検査員の管理とポイント
   ①検査員の管理 
   ②検査適性テストの使用ポイント
3.受入検査の進め方と問題点
(1)受入検査の目的と抱える問題点
(2)受入検査の種類
(3)受入検査の進め方
   ①判定を下し処置をとる 
   ②無試験検査と品質保証
(4)外注品質の向上対策
(5)品質意識の向上と指導育成
4.工程検査と製品検査
(1)工程検査とは
(2)工程検査の問題と対策
(3)5Sと5Mの管理で品質を作り込む
(4)製品検査とは
(5)製品検査の進め方
5.特採とクレーム処理
(1)特採の考え方と対策の進め方
   ①特採(特別採用)とは 
   ②特採の起こる理由 
   ③特採の処置・対策
(2)クレームの処置と対策
   ①クレームの主な原因 
   ②クレーム処理の進め方 
   ③検査部門とクレーム処理 
   ④クレーム処理と対応の効果
6.外観検査とヒューマンエラー
(1)外観検査の特徴
   ①多角的な測定には便利で早い 
   ②器差がある ③再現性に欠ける 
   ④測定器(人間)の管理が面倒 
   ⑤客と同じ方法
(2)外観検査の問題と対策
   ①パネル(検査員)の管理 
   ②限度見本の管理 
   ③判定結果の数量化とデーター解析
(3)ヒューマンエラーの原因と対策
   ①ヒューマンエラーの現象と原因 
   ②ヒューマンエラーの対策
7:まとめ
  ~質疑応答と個別相談(当日受け付けます)~

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる