セミナー

「図面をどう描けばいいのか分からない」ビギナー向け
機械図面作成の基礎と作図ノウハウ
最新JISにもとづく図面作図法と図面作成のノウハウをわかりやすく学習

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

 多くの会社や事業所では、社内規格や旧JISを使用して製図が描かれているとよく聞きます。最新の製図規格に改定し常に新たな規格に則り図面作成ができているとは限りません。
 図面は、どこでもだれにでも共通な作業指示書です。グローバルに一線で活躍されている設計者は、少なくとも最新の製図規格や実用的な図面の描き方を知っておく必要があります。
 わかりやすくムダがない図面は、間違えを無くし、作りやすく、組立性も良く、安定した品質を作り込むことができ、結果的に安価でかつ品質を向上することにつながります。
 本講座では、最新の製図規格にもとづき実用的な製図方法をわかりやすく学習します。
 特に、これから図面を始める人や少し設計製図経験がある人も、図面の描き方のルールや図面作成の基礎をしっかり理解し、合わせて国家検定試験などにおける作図ノウハウを学ぶことで、見違えるように簡潔でわかりやすい図面を描くことができるようになります。
 どのように図面を描けば良いのかわからない、どうすればもっとわかりやすく間違えのない図面を描けるのか、もっとスピードをあげて正確な図面を描くにはどうすればよいのか?などの様々な疑問を解決いたします。
 多くの製図の事例をもとに、製図の基礎から実用的な図面の描き方まで幅広くお教えします。
 製品開発設計の担当者、冶具や設備の設計製作担当者、試作担当者、アウトソーシングなどのCADオペレータ、営業・購買担当者の方々まで幅広く、多くの方々の参加をお勧めします。

本講座に参加して習得できること
1.機械図面の描き方と必要な知識を習得できる
2.図面作成のルールと製図に必要な鋳造・溶接・加工の知識を習得できる
3.検定試験の課題から実用的で正しい図面の描き方を習得できる
4.機械要素部品の強度計算から作図までを実習により体験できる

こんな方にオススメ
製品開発設計の担当者、冶具や設備の設計製作担当者、
試作担当者、アウトソーシングのCADオペレータ、営業・購買担当者の方々

概要

日時 2020年 2月 25日(火) 10:00~17:00
(9:30 受付開始 休憩12:30~13:30)
会場 日刊工業新聞社 大阪支社 セミナー会場
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
受講料

44,000円(資料含む、消費税込)
※同時複数人数お申し込みの場合2人目から39,600円
※後日、別の方が追加で申込をされる際は、備考欄に先に申し込まれた方のお名前と複数割適用希望と記載ください。
(記載が無い場合は通常料金のご請求となります。予めご了承ください)
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、原則として開催日1週間前までにお支払いください。
  なお、キャンセルにつきましては開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。
  1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。
※講座によりましては、申込者が最少催行人数に達していない場合、開催決定まで受講票ならびに請求書の発送を見合わせて頂く場合がございます。

主催 日刊工業新聞社
お申込について ※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 総合事業局
教育事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

村山 省己 氏(むらやま せいき)

会場アクセス

日刊工業新聞社 大阪支社
セミナールーム
大阪市中央区北浜東2-16
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

1. 機械製図の基礎を学ぶ
1-1.機械製図はなぜ必要?・・・ルネッサンス時代には設計製図が始まっていた
1-2.機械製図の基礎・・・製図の企画や設計の業務フローを学ぶ
1-3.機械製図はスケッチから・・・形状を測ってスケッチしてみよう
2. 機械製図に必要な知識
2-1.材料と力学の基礎・・・応力とひずみの関係、断面係数と断面二次モーメントを学ぶ
2-2.機械と力学の基礎・・・運動の3法則、モーメント、摩擦力と摩擦係数、角速度を学ぶ
2-3.機械要素の基礎・・・ネジの締結、キーの種類、歯車、カム、リンク、ばねを学ぶ
3. 機械製図のルールを学ぶ
3-1.線と文字・図形の表し方・寸法の表し方・・・線や寸法の記入方法など作図の基本を学ぶ
3-2.寸法公差とはめ合い・幾何公差・表面性状・・・精度の表し方から設計者の意図を考える
3-3.組立図の描き方と部品図の展開・・・完成度の高い部品図を作図するノウハウを学ぶ
4.製図に必要な鋳造・溶接・加工の知識
4-1.加工工程と機械製図・・・鋳物製作と機械加工から図面作成の知識を身に付ける
4-2.鋳物部品の作図と表し方・・・鋳物部品の製図法と作図注意点を学ぶ
4-3.溶接部品の作図と表し方・・・溶接部品の製図法と作図注意点を学ぶ
5.国家製図検定試験の作図ノウハウ
5-1.国家検定試験について・・・「機械・プラント製図」検定試験の課題について学ぶ
5-2.良くわかる製図の重要なポイント・・・検定試験問題の組立図面から構造を理解する
5-3.寸法・公差・表面性状の作図ノウハウ・・・シンプルで分かりやすい作図方法を学ぶ
6.動力伝達軸の設計計算と作図方法
6-1.ねじの強度設計について・・・ネジの強度計算からネジの径を求める方法を学ぶ
6-2.軸の強さとこわさについて・・・たわみ角とねじれ角から軸径を算出する方法を学ぶ
6-3.軸の設計計算と作図実習・・・算出した軸径寸法にもとづいた軸の作図方法を学ぶ

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる