セミナー

会議で「通る」新規事業の企画方法7ステップ!
失敗しない新規事業の企画方法
~マンガと事例でやさしく学ぶビジネスプランニング~

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

 新たな成長を図るには新規事業の立ち上げが不可欠です。最近では、AI・IoTの進展と呼応して、アクセラレータプログラム等を使ったベンチャーとの協業も進みつつあります。しかし新規事業は既存事業で業績を伸ばすことに比べ、分野検討、発案、企画、立ち上げと成果を上げるまでに多くのハードルがあり難易度が高くなります。
 そこで初めての方でもわかりやすいように、発案から企画練り込みのプロセスをベストセラーとなったマンガのストーリーとともに解説していきます。ストーリーで新規事業の企画プロセスを疑似体験していただくことで、リアルで深い学びの場を提供します。その場での演習も含め、自社に戻ってからすぐに活用できるフォーマット類も合わせてご提供致します。

概要

日時 2020年 2月 5日(水)10:00~17:00
(9:30 受付開始 休憩12:30~13:30)
会場 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
受講料 44,000円(資料含む、消費税込)
*同時複数人数お申し込みの場合2人目から39,600円
※後日、別の方が追加で申込をされる際は、備考欄に先に申し込まれた方のお名前と複数割適用希望と記載ください。
(記載が無い場合は通常料金のご請求となります。予めご了承ください)
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、原則として開催日1週間前までにお支払いください。
  なお、キャンセルにつきましては開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。
  1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。
※講座によりましては、申込者が最少催行人数に達していない場合、開催決定まで
受講票ならびに請求書の発送を見合わせて頂く場合がございます。
主催 日刊工業新聞社
お申込みについて ※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 総合事業局
教育事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

井口 嘉則 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 東京本社
セミナールーム
東京都中央区
日本橋小網町14ー1
住生日本橋小網町ビル
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

 1.新規事業の企画プロセスをマンガで紹介
 (事業計画立案プロセスを疑似体験)
プロローグ
ステップ1:アイデアを出す・膨らませる
ステップ2:やる理由と目指す方向を明らかにする
ステップ3:商品・サービスを検証する
ステップ4:ストーリーと型で商品・サービスを磨く
ステップ5:売れの道筋を作る
ステップ6:事業収支計画を作る
ステップ7:アクションプランを立てる
 2.事業計画書の事例紹介(実際の事業計画書作成事例を目次に沿って紹介)
 <目次>
I.はじめに
 1.提案者プロフィール
 2.提案の背景
 3.事業の概要(含む事業コンセプト)
II.事業計画概要
 1.ビジネスモデル(様々なビジネスモデルを紹介)
 2.事業理念と事業ビジョン
 3.顧客および顧客ニーズと市場規模(含むリサーチの行い方)
 4.取扱商品・サービスと営業エリア
 5.ビジョン・ストーリー 感動の場面
 6.ペルソナと購入プロセス
 7.競合と当該事業の重要成功要因(含むトライアルの行い方)
 8.業務プロセス
 9.マーケティングミックス(商品・価格・チャネル・広告宣伝)
III.  当社が取り組むべき必然性(社内新規事業提案の場合)
IV.  事業化方法とステップ
V.   事業収支計画とファイナンスプラン
VI.  事業責任者と経営体制
VII. 本提案に伴うリスク
VIII.今後の検討課題

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる