セミナー

【事例で学ぶ】
工場の自動化設備・自動化ラインの構想設計
~スマートファクトリーの実現に向けた自動化装置の設計を学ぶ~

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

 近年、我が国の製造分野における課題の一つに、労働者ひとりあたりの生産性が欧米諸国をはじめとした先進国と比較して著しく低いことがあげられます。要因の一つに、生産工場においてロボットやITを活用した革新的に生産性を向上させる取り組みの遅れがあると考えられています。多くの企業においてロボットやIoTを活用した自動化が遅々として進んでおらず、生産現場における労働生産性が向上していないのが実情です。
 一方で、グローバル化によるユーザーニーズの多様化に伴い変種変量生産に対応した生産ラインのフレキシブル化を実現するために一個流しの生産が主流となってきています。工場のレイアウトの設計においても工程間、ライン間の仕掛り在庫の削減を目的とした生産システムや工場の整流化に取り組む企業が増えてきています。
 近年のセンシング技術の向上やIoTの進展により、これら先進技術やシステム化技術を上手く活用することで、自社の自動化レベルを数段上げたスマートファクトリーの実現が可能になってきました。
 高い生産性を実現するための生産ラインの自動化は、一足飛びに達成できるものではありません。
 現有の工場、ライン、設備及び生産方式の非効率な部分をカイゼンすることで作業のスリム化を図り、同時に自動化に対応した技術的な課題を事前検証により解決しておくことが自動化を進めるにあたって不可欠です。
 自社工場の設備やラインの自動化を計画し具体化する場合には、自動化の考え方や自動化の方法を熟知し、自社製品に対応した独自の生産ラインを設計できなければなりません。
 本講座では、まず、生産ラインの自動化について、すなわち、生産設備、生産ラインの自動化レベルを学習し自社の工場の生産性を上げるための設備改善、作業改善、段取り改善などの考え方、進め方について学びます。
 次に生産設備のグローバルスタンダード化やIoTの活用方法について学び、自動化に最も重要なプロセスである工程計画や設備計画について実例を交えて学びます。
 さらにロボットを活用した自動化の具体的な方法や取り組み事例、自動化設備の設計ノウハウを習得します。
 自動化ライン構築のプロセスや自動化の可否判断、自動化後の投資効果の検証方法についても学習します。
 最後に、生産性を革新的に向上させるための自動化ラインの事例から加工工程、組立工程、試験工程それぞれの自動化の実施プロセスについて学び、自動化を進めていくために何が必要かを学んでいただきます。
 工場の生産性をどうやって上げれば良いのかについて知りたい、生産ラインの自動化をどのように実行すれば良いのか?また、IoTをどうやって活用すればよいのか?などの数々の疑問を本講座で解決いたします。
 工場の生産性向上に日夜取り組んでいる製造技術や生産技術者の方々、自動化ラインを検討しておられる多くの技術者や工程設計・設備設計の方々、作りやすく生産性の高い製品を考えている開発設計の方々の多く参加をお待ちしています。

本講座に参加して修得できること
1. 生産ラインの自動化レベルの定義と自動化に必要な基本技術を習得する
2. 自動化設備や自動化ラインの設計ノウハウと自動化を実現するための手法を習得する
3. 自動化設備の設計事例から自動化に向けた具体的な取り組み方法を習得する

概要

日時 2020年 3月 4日(水)
10:00~17:00(昼食付)
会場 日刊工業新聞社名古屋支社 6階セミナー会場
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
受講料 44,000円
(消費税・テキスト代・昼食代を含む)
※複数人数同時にお申込みの場合2人目から39,600円
日本金型工業会、中部プラスチックス連合会の正会員の方は15%割引とさせていただきます。
但し割引対象が重なる場合は、どちらか一つの割引を適用させて頂きます。
<ご注意>
受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、原則として開催日1週間前までにお支払い下さい。
なお、お払込みの受講料は開催日1週間前までのキャンセルについては返金可能です。
それ以降のキャンセルはお返しいたしません。
※振込手数料は貴社でご負担願います。
定員 42名
主催 日刊工業新聞社
お申込について ※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 名古屋支社 イベントG
TEL:052-931-6158 FAX:052-931-6159
E-mail:nk-event@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30
【1】雇用調整助成金等について 【お問い合わせ先】 最寄りのハローワーク
雇用調整助成金、中小企業緊急雇用安定助成金の対象となる場合があります。
【2】自治体等の助成金について

以下の市内の中小企業(製造業)の方は各種補助金事業等の対象となる場合があります。

詳しくはセミナー申し込み前に各担当部署にご確認ください。
助成金

講師

村山 省己 氏(むらやま せいき)

会場アクセス

日刊工業新聞社名古屋支社
6階セミナー会場
名古屋市東区泉2-21-28
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

1. 生産ライン自動化の定義
 1-1. 自動化レベルの考え方・・・生産ラインの自動化レベル・カテゴリーについて学ぶ
 1-2. 加工ラインの自動化レベルについて・・・加工ライン自動化レベル0~レベル5の分類
 1-3. 組立ラインの自動化レベルについて・・・組立ライン自動化レベル0~レベル5の分類
2. 自動化の基本
 2-1. 生産設備のグローバルスタンダード化・・・グローバル品質とグローバルワンデザイン
 2-2. IoTを活用した先進的モノづくり・・・リモートモニタリング機能の標準装備
 2-3. 工程計画と設備計画・・・工程設計の考え方とラインレイアウト設計
3. 自動化の秘訣
 3-1. 自動化する前にやっておくべきこと・・・作業改善・ライン改善・段取り改善・設備改善他
 3-2. 何をロボットでどう自動化するか・・・自動化ラインレイアウトを3Dで俯瞰しムダを排除
 3-3. ロボットの種類と選定のポイント・・・ロボット選定のポイントと走行ロボットの設計
4. 自動化設備の設計ノウハウ
 4-1. 自動化の基本は自己完結型設備であること・・・品質を作り込み品質を管理する設備とは
 4-2. 不良品を作らない流さない設備であること・・・事例から学ぶこれが品質管理の仕組み
 4-3. 止まらず故障しない設備であること・・・稼働率と可動率の違い/可動率の改善方法とは
5. 自動化ラインの構想設計
 5-1. 自動化ライン構築のプロセスを踏むこと・・・DFMEA/FTAからQFDへ機能展開
 5-2. 自動化するかしないか見極めること・・・自動化可否は事前検証が決め手/設備仕様に反映
 5-3. こうやって費用対効果を最大限に上げる・・・自動化設計は付加価値生産性の重要な要
6. 自動化設備の設計事例
 6-1. 加工工程の自動化設計・・・セットアップエンジニアリングの自前化設計で他社を圧倒
 6-2. 組立工程の自動化設計・・・モニタリングシステム設計で稼働・品質・保守の遠隔監視
 6-3. 試験工程の自動化設計・・・コンカレントエンジニアリングでの自動化設計が成功の道

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる