セミナー

見積書の「値下げ」ポイントを見抜け!
4時間で学ぶ!見積書の内容を「解読」し、「値下げポイント」を見つける技術

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

― 経験の浅い購買担当者向け、見積もり書の「何」を「見て」どう「値下げポイント」を見つけるか、  調達品を「原材料」「購入品」「外注加工品」の3つに分類し、見積もり依頼の計画段階から、見積書の査定までの考え方や進め方、コストダウンを推進するにあたっての着眼点について解説 -

 「コストダウンだ!値下げだ!」
 景気の先行きが不透明になってくると、売上が厳しい多くの企業が利益をねん出するため「コストダウン」に励む ことになります。特に外部調達比率が高い企業は、死活問題ですから真剣に取り組んでいることでしょう。
 こうして多くの購買担当者が、「1円でも安く!」とあちこちから見積書を集め、涙ぐましい値下げ交渉をすることになりますが…なかなか成果につなげるのは難しいというのが現実です。
 それも当然なのです。見積書の見るべきポイント、確認すべきポイントを見る知見なく、単に「安くしてくれ!」だけ では、交渉は成立しません。「素人」と見切られて体よく断られるのがオチです。
 また、「安すぎる」見積もりも問題です。「納期」を守れない、「不良が発生」するなど、不良業者をつかまえてしま うリスクもあります。
 調達品の「値下げ」は、その成果が、すぐに利益に反映されるという即効性を持っています。だからこそ、購買担当 者(バイヤー)は、見積もり書の内容を「見て」、「判断」できる知見が求められるのです。
 本セミナーでは、経験の浅い購買担当者向けに、見積書の「何」を「見て」どう「値下げポイント」を見つけるか、調達品を「原材料」「購入品」「外注加工品」の3つに分類し、見積もり依頼の計画段階から、見積書の査定までの考え方や進め方、コストダウンを推進するにあたっての着眼点について、解説します。

概要

日時 2020年 4月 23日(木)
 13:00~17:00(12:30 受付開始)
会場 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
受講料 33,000円(資料含む、消費税込)
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、原則として開催日1週間前までにお支払いください。
  なお、キャンセルにつきましては開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。
  1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。
※講座によりましては、申込者が最少催行人数に達していない場合、開催決定まで
受講票ならびに請求書の発送を見合わせて頂く場合がございます。
主催 日刊工業新聞社
お申込みについて ※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 総合事業局
教育事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

間舘 正義 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 東京本社
セミナールーム
東京都中央区
日本橋小網町14ー1
住生日本橋小網町ビル
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

 1.見積書の「何を見」て、「どう判断」するのか?
 1) 見積書に記載されている内容を「見る」
 2) 見積書に課題はないかを「見つけ出す」
 3) 見積書をたくさん並べても意味がない。そもそも効果的な見積もり方法とは何か
 4) 素人が見積もり書を見てもポイントはわからない:購買担当者に求められる知見とは何か
 2.見積もり書を「解読」するのに必要な基礎知識
 1) 品目売価の相場は?品目売価の求め方
 2) 材料費が妥当か?材料費の求め方
 3) 加工費は妥当か?加工費の求め方
 4) その他、見積書を解読する上で知っておくべき費用について
 3.見積もりの「正しい手順」と「値下げ(コストダウン)」の準備
 1) 購入条件とコストダウンの準備を考える
 2) 見積もり計画の準備項目
 3) 見積書の入手の仕方
 4) 見積書の「何を見て」どう「判断」すべきか。
  査定の仕方と「値下げポイント(コストダウン)」の見つけ方
 4.購入品、外注加工品、原材料の「値下げポイント(コストダウン)」の着眼点
 1) 購入品の「値下げ」・アプローチの仕方
 2) 外注加工品の「値下げ」・アプローチの仕方
 3) 原材料の「値下げ」・アプローチの仕方
 5.まとめ

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる