セミナー

製造業における品質管理スタッフ、管理・監督者養成講座
~経営トップと異質の部門協力で進める~
品質不正の防止と不良ゼロ活動の進め方

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

 データーの改ざんや無資格者の検査などの品質不正問題が発生し、メイドインジャパンの信頼が根底から崩れかかっております。自社でも同様の問題が起きる可能性はないか、厳しくチェックして未然防止への対応が必要です。
 モノ作りで発生した不良の処置・対策は、受入検査や製品検査、品質管理や品質保証部門が処置したり、不良の発生した場所で対策すると効果的な場合もありますが、「前工程で品質を保証しないと後工程に問題が現れる」ことになります。例えば、営業・販売からの顧客の品質情報が不足すると狙いの品質が設定できなかったり、開発・設計の狙いの品質に問題があると、後工程の製造品質にバラツキが出たりしてクレームの原因にもなります。
 本セミナーでは、今日的な課題であるトップを巻き込んだ品質不正問題への対応と、自部門での取り組みから異質の部門と協力して進める、不良ゼロ活動の進め方を学び自社で推進して頂きます。

受講後の習得知識
・品質不正問題への対応と品質管理の仕事が確認できる
・他部門と進める品質改善の取り組み方が理解できる
・自社に合った不良ゼロ活動の進め方が明確になる

概要

日時 2020年 4月 17日(金) 10:00~17:00
(9:30 受付開始 休憩12:30~13:30)
※昼食のご用意がございませんので、ご準備いただくか休憩時間内に外食いただきますようお願い申し上げます。(休憩時間の会場内飲食は可能)
会場 日刊工業新聞社名古屋支社 6階セミナー会場
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
受講料 44,000円(資料含む、消費税込)
*同時複数人数お申し込みの場合2人目から39,600円
※後日、別の方が追加で申込をされる際は、備考欄に先に申し込まれた方の
お名前と複数割適用希望と記載ください。
(記載が無い場合は通常料金のご請求となります。予めご了承ください)
※日本金型工業会、中部プラスチックス連合会の正会員の方は15%割引とさせ
ていただきます。但し割引対象が重なる場合は、どちらか一つの割引を適用
させて頂きます。
主催 日刊工業新聞社
お申込について ※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 名古屋支社 イベントG
TEL:052-931-6158 FAX:052-931-6159
E-mail:nk-event@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30
【1】雇用調整助成金等について 【お問い合わせ先】 最寄りのハローワーク
雇用調整助成金、中小企業緊急雇用安定助成金の対象となる場合があります。
【2】自治体等の助成金について

以下の市内の中小企業(製造業)の方は各種補助金事業等の対象となる場合があります。

詳しくはセミナー申し込み前に各担当部署にご確認ください。
助成金

講師

坂田 愼一 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社名古屋支社
6階セミナー会場
名古屋市東区泉2-21-28
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

1.自社で起こる品質問題を明確にする
 1)トップ・経営部門と品質管理の仕事
 2)営業・販売部門と品質管理の仕事
 3)開発・設計部門と品質管理の仕事
 4)資材・購買部門と品質管理の仕事
 5)生産・製造部門と品質管理の仕事
2.品質不正問題への防止策と品質管理の仕事
 1)トップの考えが製品・サービス品質を決める
 2)現場に潜在する問題に管理の目を向ける
 3)QCサークル活動と提案制度を活性化する
 4)モノ作りは人材を人財に変える人作りから
 5)ユーザーインでモノを作り品質を保証する
3.良ゼロと再発防止への取り組み
 1)品質問題は後工程に現れる
 2)5Mの管理で不良を低減する
 3)5Sの管理で外観不良を低減する
 4)手法や技法を使って品質を改善する
 5)異質の部門協力で品質を改善する
4.営業・販売業務と品質管理の仕事
 1)顧客の要求品質を知る
 2)顧客に製品をプロモーションする
 3)クレームの対応と処置
 4)クレームの再発を防止する
 5)ビフォアーサービスを強化する
5.開発・設計業務と品質管理の取り組み
 1)開発・設計部門の仕事とは
 2)設計品質を審査(DR)する
 3)試作テストの品質を評価する
 4)設計品質と製造品質を合わせる
 5)過剰品質の改善と品質管理
6.資材・購買業務と品質管理の取り組み
 1)資材・購買・外注部門の仕事とは
 2)購入価格を決めて品質を保証する
 3)納期・数量を確保して品質を保証する
 4)購入品の品質を保証する
 5)無試験検査と品質保証
7.生産・製造業務と品質管理の仕事
 1)最適な工法・工程を決定する
 2)最適な設備・機械を選定する
 3)品質を安定させる製造条件を設定する
 4)工程で製造品質を作り込む
 5)品質を検査し保証する
8.質疑・応答 個別相談(希望の方のみ)

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる