セミナー

在庫削減に余計なシステム導入や難解な手法は不要!
世界一わかりやすい!「在庫削減」の正しい進め方
~在庫削減は売上向上、現場カイゼン以上に、即利益につながる!正しい在庫削減ステップで、みるみる在庫が減り利益が残る!~

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

・5S に取り組む ・作業改善で作業者や設備の生産性を上げる
・部材を安く仕入れる ・外注削減でコストを削減する
・生産管理システムでPDCA のサイクルを回す

 もし御社が上記のカイゼンしか取り組んでいなければ、まだまだ御社の利益は伸びる可能性があります。
多くの企業では今でもカイゼンでコストが下がると考え、日々取り組んでいます。
確かに、5S で現場はキレイになり、作業改善で生産性は上がったかもしれません。
実際、その成果は部分的なものにすぎず、現場や倉庫には在庫が溢れたまま。
そうした取り組みをどれだけ一生懸命やっても、利益には決してつながりません。
売上向上に必死になるよりも、現場のカイゼンに躍起になるよりも、もっとも簡単に利益を拡大する方法、それが「在庫削減」です。
在庫が増えればキャッシュが減り、さらに余計なコストが発生します。
在庫を減らせばキャッシュが生まれます。
在庫を減らす方法として、最近は「IT システム活用」を中心とした取り組みを行っている企業も少なくありませんが、思うような成果に結びついていないようです。
在庫削減は決して難しいことではありません。
多くの在庫問題は、「実際にやれば誰もができるような基本的なことを意外とないがしろにしていたため」に引き起こされていた問題だったということです。
 ・なぜ在庫は増えるのか? 

 ・余分な在庫はどんな問題を引き起こすのか?
 ・どのように適正在庫の数を維持すればよいのか? 

 ・在庫はどうやったら減らせるのか?
本講座では、実践することで、効果が必ず出る、在庫削減の正しいステップについて解説いたします。
在庫削減の手法や書籍は世の中にあふれておりますが、専門用語のオンパレードであったり、難解な数式が並んでいたり、容易に実践できるものは多くありません。
本講座を通じてぜひ、すぐに現場で使える、正しい在庫削減の手法について学んでください。

概要

日時 2020年 4月 13日(月) 10:00~17:00
(9:30 受付開始 休憩12:30~13:30)
会場 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
受講料 44,000円(資料含む、消費税込)
*同時複数人数お申し込みの場合2人目から39,600円
※後日、別の方が追加で申込をされる際は、備考欄に先に申し込まれた方のお名前と複数割適用希望と記載ください。
(記載が無い場合は通常料金のご請求となります。予めご了承ください)
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、原則として開催日1週間前までにお支払いください。
  なお、キャンセルにつきましては開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。
  1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。
※講座によりましては、申込者が最少催行人数に達していない場合、開催決定まで受講票ならびに請求書の発送を見合わせて頂く場合がございます。
主催 日刊工業新聞社
お申込について ※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 総合事業局
教育事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

若井 吉樹 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 東京本社
セミナールーム
東京都中央区
日本橋小網町14ー1
住生日本橋小網町ビル
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

 在庫削減のステップ1
 あなたの在庫に対する意識をあらためる
(1)在庫は企業経営のバロメーター
(2)すべての在庫は腐る
(3)在庫の大小は何で見る
(4)在庫はさらなるコストを生む
(5)整理・整頓から始める在庫削減
 在庫削減のステップ2
 数字を押さえて科学的に在庫を減らす
(1)在庫は入庫と出庫で決まる
(2)在庫管理をやってみる(グループ演習)
(3)売れている順に並べてみる
(4)売れ行きに応じた発注方法
(5)在庫データの精度が在庫削減を左右する
 在庫削減のステップ3
 改善・改革で在庫を減らす
(1)全体最適で考える
(2)昔ながらのつくり方を改める
(3)運搬をしくみで考える
(4)販売データを当たり前に考えない
(5)在庫の持ち方を変えるだけで在庫が減る
(6)かんばんで在庫を減らすために必要なこと
 まとめ
 コンビニに見る在庫削減

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる