セミナー

【ライブ配信セミナー】
ロボットビジョンの基礎・実用技術・最先端技術
~柔軟なロボット動作を目指して~

開催主旨

※本セミナーはオンラインで開催します。

 ここ数年、AI(機械学習、Deep Learning)の応用が急速に進展し、ロボットビジョン(3D計測)への適用例が増大しています。中でもDeep Learningによる画像処理により高い認識率が多く報告されていますが、実際のところノイズや歪みの多い画像データやラベルを与え、学習させようとしても認識率の向上は見込まれません。Deep Learningなどの威力を最大化するためには画像処理の基本問題と課題を把握し、従来手法とDeep Learningそれぞれが得意とすることを理解したうえで、画像認識システムとして最適解を見つけ出す必要があります。
 本講座は、ロボットビジョンの課題と最近のセンサの状況を整理するとともに、特定物体の位置姿勢認識や柔軟なロボット動作のための物体認識の各種手法を解説します。後段では、Amazon Robotics ChallengeやWorld Robot Summitへの参加を踏まえたロボットマニピュレーションのためのビジョン技術や、ロボットタスク自動生成を支援するための新技術「機能認識」とその応用事例を具体的に紹介します。さらには、ロボットビジョンの利用拡大に向け、機械学習およびDeep Learningの課題に触れるとともに今後の技術的発展を展望します。

 本セミナーはオンライン配信ツールZoomを使い、 出演者自身も自宅から出演いただく形式の「Home to Home」(H2H)セミナーとなります。 ご視聴方法(参加用URL等)はご登録くださいましたメールにお知らせいたします。

概要

日時 2020年5月29日(金)14:00~17:15
(休憩15:30~15:45)
受講料

16,500円(テキスト代、税込)

5/29(金)1200まで申込可能です。

※振込手数料は貴社でご負担願います。

主催 日刊工業新聞社
協力 中京大学 橋本研究室
お問い合わせ先 日刊工業新聞社
大阪支社 事業出版部 セミナー係
TEL : 06-6946-3382
FAX : 06-6946-3389
E-mail : seminar-osaka@media.nikkan.co.jp

講師

橋本 学 氏

このセミナーを申し込む

プログラム

1.ロボットビジョンの基本課題と概要
 
2.ロボットビジョン基礎①:3Dセンサ
2-1 3D計測の原理
2-2 市販センサの現状
3.ロボットビジョン基礎②:物体認識アルゴリズム
3-1 3次元局所特徴量を用いた物体認識
3-2 複数物体の同時認識
4.ロボットビジョン応用:柔軟な動作のためのロボットビジョン
4-1 プリミティブ形状近似によるモデルレス把持位置決定
4-2 ピッキングリスク最小化によるロボット動作パラメータ決定
5.ロボットビジョン実例:国際ロボット大会にみる実用化のための最先端技術
5-1 Amazon Robotics Challenge(物流ロボット)
5-2 World Robot Summit FCSC(Future Convenience Store Challenge)
6.ロボットビジョンの最先端技術
6-1 機械学習に基づく機能認識
6-2 機能認識の応用によるセマンティック把持・タスク生成支援
6-3 コンビニ主要4形状への対応
7.ロボットビジョンの利用拡大のための課題と展望
7-1 機械学習、Deep Learningに関する5つの課題
7-2 ロボットビジョンの次なる課題
7-3 機械学習、Deep Learningでできること!できないこと!
8.質疑応答
【オンラインセミナー参加に伴う注意事項】※必ずお読みください
(お申込みを頂いた時点でご同意頂いたとみなします)
・ZOOMの使用方法・操作方法については、本セミナーではサポートできません。
・ZOOMの使用は、パソコンの場合はカメラ、マイク機能を搭載したもの、スマートフォンの場合はGoogleplayやAppstoreなどから事前にアプリのインストールが必要です。(インストールや使用は無料ですが、別途インターネット回線が必要です。)
・ZOOMインストールなどを起因とするPCトラブルなどは保証しかねますので自己責任のもとご使用ください。
・各種アプリは最新版にアップデートしてからご利用ください。
・配信URLを他の方に知らせたりSNSなどで公開したりしないようお願いします。
・回線・機器の状況によっては通信が不安定になったり、それを原因とした映像等の不具合が発生したりする可能性がございます。
・予期せずネット環境が乱れる可能性がございます。予めご了承ください。
・本セミナーの録画・録音はご遠慮ください。また、無断に画面をスクリーンショットや撮影等をすることもご遠慮ください。
・後日配信するための動画の撮影や、チャットの事後共有を行う予定はございません。

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる