セミナー

【ライブ配信セミナー】
<Withコロナ時代の技術営業を攻略する>

技術企業のマーケティングオートメーション(MA)を効果的に機能させたい方のための
潜在ニーズを発掘し、解決する
マーケティングオートメーションを効果的に機能させる実践手法

開催主旨

 Withコロナ時代が到来し、対面営業・FAXなどの昭和平成時代のレガシーから、WEBファーストで技術営業・マーケティングを考えることが必然となりました。数年前からマーケティングオートメーション(MA)のツール導入が盛んになっています。ところが「導入したものシナリオ設計ができない…」と嘆く企業は少なくありません。
 顧客は潜在ニーズを解決する“匂い”が感じられなければ反応しません。顧客の潜在ニーズを発掘・解決するサイクルを効率的に回し、MAに載せるのが基本となり、そのためにはMAを運営する人の方が変わらなければなりません。
 本セミナーは、MAを用いて業績につなげるための枠組みを提供します。業績への貢献をするための実施事項やKPIを提示し、具体的に自社の業績への貢献を可視化する方法論を紹介します。

 本セミナーはオンライン配信ツールZoomを使い、 出演者自身も自宅から出演いただく形式の「Home to Home」(H2H)セミナーとなります。 ご視聴方法(参加用URL等)はご登録くださいましたメールにお知らせいたします。ZOOMでの視聴が困難な方には別途、ライブストリーミング配信のためのURLをお知らせいたします。

概要

日時

2020年6月26日(金)14:00~17:20頃

(休憩15:30~15:50)

受講料

11,000円(税込)

※振込手数料は貴社でご負担願います。

主催 日刊工業新聞社
お問い合わせ先 日刊工業新聞社
大阪支社 事業出版部 セミナー係
TEL : 06-6946-3382
FAX : 06-6946-3389
E-mail : seminar-osaka@media.nikkan.co.jp

講師

中村 大介 氏

このセミナーを申し込む

プログラム

1.Withコロナ時代のマーケティングオートメーション(MA)
 (1)日本の製造業・商社の現状と課題、「ものからコトへ」と言われて20年経った
 (2)コト化している会社は高収益を謳歌している(キーエンス、コマツ)
 (3)潜在ニーズを先取りする会社も高収益(東京エレクトロン、村田製作所)
 (4)MAがうまく行かない理由 KPI以前の問題
 (5)リードジェネレーションがうまくいかないのはなぜか
 (6)ナーチャリングはうまくいかないのはなぜか
 (7)ファネルが機能しないのはなぜなのか
2.MAの視点1:潜在ニーズ発掘とソリューション化
 (1)潜在ニーズとソリューションはなぜ重要なのか
 (2)顧客の潜在課題の発掘プロセス(未来工業、キーエンス、筑水キャニコム)
 (3)顧客の潜在課題の先回り(東レ、ソニー)
3.MAの視点2:ソリューション化に欠かせない品揃え
 (1)ソリューション事業と品揃えの関係性
 (2)技術の複合化による品揃え(日東電工、スリーエム)
 (3)セットメーカーでの品揃え(キヤノン、ダイソン)
 (4)川上ソリューション型の事前準備型(日本ペイント、ディスコ)
4.MAの視点3 品揃えを強化する戦略
 (1)潜在ニーズと、品揃えの強化、研究開発との連動
 (2)潜在ニーズの先取り・顧客との共同(東京エレクトロン、村田製作所)
 (3)技術戦略による品揃え(三菱化学、富士フィルム、宇部興産)
 (4)ソリューションのための研究開発・商品開発(コマツ、エーワン精密、ヒロセ電機)
5.ソリューション型事業への変貌プロセス
 (1)経営者の理解とスポンサーシップ、体制
 (2)潜在ニーズを発掘する体制・仕組みをどうMAに追加していくか
 (3)MAの変更点・追加点に関する実務的なポイント
 (4)自社のMAの状況を診断する
 (5)MA改革プロジェクトの進め方
6.MAの進め方
 (1)ステップ1.自社の強みの調査・顧客課題の調査
 (2)ステップ2.競合調査(競合調査、WEB調査)
 (3)ステップ3.ポジショニング・キャッチコピーの構築(SEOキーワード選定、WEB広告)
 (4)ステップ4.商材の整理・カタログの構築
 (5)ステップ5.リードジェネレーション・ナーチャリング・シナリオの作成
 (6)ステップ6.KPI設定、Analyticsによる管理の勘所、広告運用  (7)ステップ7.第三者による評価・チューニングの勘所
7.まとめ
【オンラインセミナー参加に伴う注意事項】※必ずお読みください
(お申込みを頂いた時点でご同意頂いたとみなします)
・ZOOMの使用方法・操作方法については、本セミナーではサポートできません。
・ZOOMの使用は、パソコンの場合はカメラ、マイク機能を搭載したもの、スマートフォンの場合はGoogleplayやAppstoreなどから事前にアプリのインストールが必要です。(インストールや使用は無料ですが、別途インターネット回線が必要です。)
・ZOOMインストールなどを起因とするPCトラブルなどは保証しかねますので自己責任のもとご使用ください。
・各種アプリは最新版にアップデートしてからご利用ください。
・配信URLを他の方に知らせたりSNSなどで公開したりしないようお願いします。
・回線・機器の状況によっては通信が不安定になったり、それを原因とした映像等の不具合が発生したりする可能性がございます。
・予期せずネット環境が乱れる可能性がございます。予めご了承ください。
・本セミナーの録画・録音はご遠慮ください。また、無断に画面をスクリーンショットや撮影等をすることもご遠慮ください。
・後日配信するための動画の撮影や、チャットの事後共有を行う予定はございません。

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる