セミナー

3 週間で高精度プレス金型の出荷を実現する
高精度プレス金型設計・生産管理の実践ノウハウ
一級技能士がカス上がり・カス詰まり・金型調整など現場で「使える」手法を解説

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

「生産性がよい精密プレス金型を3週間で設計~製作~プレス製品を出荷する!」。耳を疑うような話かもしれませんが、TOC(制約条件の理論)の適用による生産管理の導入や、現場目線での金型設計および効率化アイテムの導入により可能となります。
 本講座は、その実践によりプレス金型業界で注目される異端児コンサル(通称「ヨッサァン」)を講師に迎え、その概要から、貴社の設計~製作現場で適用するためのノウハウを伝授します。精密プレス金型設計~製作の基礎事項から紹介するため、マネージャークラスから若手技術者まで幅広い方に役立つ内容となっています。
 また、セミナーの後段では、「経年変化を抑制する熱処理方法」「薄物精密パンチ加工で反りが出ない方法」「カス上がり・カス詰り防止」など、講師スペシャルのノウハウを、貴社の関心の高い内容から解説。いずれも国内外のプレス設計・製作現場で成果を上げた実証済みの方法論であり、これらを習得して、貴社のプレス設計・製作現場を激変しましょう!

概要

日時 2020年11月 16日(月) 10:00~17:00
(9:30 受付開始 休憩60分)
※昼食のご用意がございませんので、ご準備いただくか休憩時間内に外食いただきますようお願い申し上げます。(休憩時間の会場内飲食は可能)
会場

日刊工業新聞社名古屋支社 6階セミナー会場
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます

受講料 44,000円(資料含む、消費税込)
*同時複数人数お申し込みの場合2人目から39,600円
※後日、別の方が追加で申込をされる際は、備考欄に先に申し込まれた方のお名前と複数割適用希望と記載ください。
(記載が無い場合は通常料金のご請求となります。予めご了承ください)
※日本金型工業会、中部プラスチックス連合会の正会員の方は15%割引とさせていただきます。但し割引対象が重なる場合は、どちらか一つの割引を適用させて頂きます。
主催 日刊工業新聞社
申込について ※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー

受講にあたり
開催決定後、受講票並び請求書をご郵送いたします。
申込者が最少催行人数に達していない講座の場合、開催を見送りとさせて頂くことがございます。(担当者より一週間前を目途にご連絡致します。)
申し込み方法
各セミナーのお申込み画面からまたは、チラシダウンロードし、ご記入のうえFAXにてお申し込みください。
受講料
セミナー開催日1週間前までに銀行振込にてお支払いください。
振込手数料は貴社でご負担願います。
キャンセルについて
開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。
問い合わせ先 日刊工業新聞社 名古屋支社 イベントG
TEL:052-931-6158 FAX:052-931-6159
E-mail:nk-event@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30
【1】雇用調整助成金等について 【お問い合わせ先】 最寄りのハローワーク
雇用調整助成金、中小企業緊急雇用安定助成金の対象となる場合があります。
【2】自治体等の助成金について

以下の市内の中小企業(製造業)の方は各種補助金事業等の対象となる場合があります。

詳しくはセミナー申し込み前に各担当部署にご確認ください。
助成金

講師

吉原 且滋 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社名古屋支社
6階セミナー会場
名古屋市東区泉2-21-28
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

1.3週間で高精度のプレス金型を出荷する生産管理手法 -儲かるプレス屋に変えるTOC(制約条件の理論)
1-1 金型製作の作業工程をおさらい
1-2 各作業工程のボトルネック
1-3 工程管理したのに納期遅れ。なぜ?
1-4 TOCのプレス金型設計~製作への適用
1-5 TOCを的確に適用するためには
2.生産性を良くする金型設計 その1 -ストリッパーの抑え力は抜き力と同程度必要!
2-1 家も金型も重要な部品は同じ!
2-2 ストリッパーの役割とは?
2-3 ストリッパーのスプリング力
2-4 生産性のいい金型を確保するスプリングの交換時期
2-5 生産性のいい金型にするためには
3.生産性を良くする金型設計 その2 -金型の経年変形を抑える熱処理のヒートパターン
3-1 なんとも厄介なプレートの経年変化
3-2 経年変化引き起こすプレス精算時の諸問題
3-3 プレートの経年変化の対策法
3-4 プレートの熱処理の最適条件
4.明日から使える!スペシャルノウハウ集
※受講生の要望に応じて、講師独自のノウハウを徹底解説します!
4-1:繰り返されるコストダウン金型と高品質金型のサイクル
  -様々な調整機能を備えた金型と調整できない金型はどちらがいい?
4-2:薄物精密『パンチ』加工で反りがでない方法
  -どこを切っても同じ形状になるパンチ構造!
4-3:金型のライフを長くする決め手はパンチとダイの面精度!面精度向上の秘訣とは?
  -採用が始まった「オートバランス装置」の実演で精度を体感し、数値で確認
4-4:超硬金型の注意点!管理を間違えれば超硬はチョークになる
  -研削時に現れる変色部は研削液と管理方法に問題アリ!
4-5:マイクロバルブ水を金型製作で使いこなし、出来高を上げようじゃないか!
  -マシニングセンタやCNC研削盤で行った事例を紹介
4-6:経験と勘で行っていたドレッシング作業を理論的に解説
  -経験と勘に頼らないドレッシングの理論を解説!
4-7:スペシャルノウハウ!カス上がり・カス詰り防止術 ほか

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる