セミナー

【ライブ配信セミナー】
『アフターコロナ』の大不況時代を乗り切る!!

問題意識・危機感の共有化による「戦いに勝つ」組織体制構築方法

開催主旨

 昨年末から全世界を襲ったコロナウィルスの影響で、1929年の世界大恐慌以来の大不況の到来が予測されています。この未曽有の危機に際し各社とも生き残りを掛けた戦いがすでに始まっていますが、この戦いに勝ち残るにはいち早く社内を「臨戦態勢」にする必要があります。これから社外との戦いが激化するというのに、社内で争っている(労使の足並みがそろわない、部署間でいがみ合っている、上司・部下間に不信感がある等)ようでは戦う前から負けています。御社は大丈夫でしょうか?
 このような経営環境下、経営陣から従業員にお願いしたいことは山ほどおありでしょうが、ここはまず従業員の「本音」に耳を傾けてはいかがでしょう? 普段は建前を優先している我々日本人ですが、建前で乗り切れるほど今回の大不況は生易しいものではありません。従業員全員の不安と危機感そして問題意識を「見える化」および共有化することにより初めて、御社は戦いに臨む態勢が築けます。アフターコロナを生き抜くためのファーストステップとしてこれに勝るものはありません。今ならまだ間に合います。この機会に迷わずご受講ください。


受講対象
経営者、総務(人事)・管理・業務改革部門の管理職
労働組合執行部の方
自社の存続に危機感を感じている方(部署・職位等一切不問)

習得できる知識
(1) 従業員の本音(悩み・困りごと・危機感・提言)を数値データで定量的に把握する方法
(2) 会社(部署)の問題点を「見える化」する方法
(3) 問題点の分析および対策立案方法
(4) 対策推進方法
(5) 臨戦態勢構築方法

概要

日時 2020年11月 6日(金) 13:00~17:00
(12:30 ログイン開始)
会場

WEBセミナー
WEBセミナーは、WEBミーティングツール「Zoom」を使用して開催いたします。

※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
ブラウザとインターネット接続環境があれば、どこからでも参加可能です。

受講料

お一人様:27,500円(資料含む、消費税込)

受講にあたり
開催決定後、受講票並び請求書をご郵送いたします。
申込者が最少催行人数に達していない講座の場合、開催を見送りとさせて頂くことがございます。(担当者より一週間前を目途にご連絡致します。)
受講料
セミナー開催日1週間前までに銀行振込にてお支払いください。
振込手数料は貴社でご負担願います。
キャンセルについて
開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。

主催 日刊工業新聞社

※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
申込締切日について

講座開催の3営業日前17:00〆切
※セミナーによって締切が異なる場合もございます。早めにお申込みください。
原則、資料を受講者の方へ郵送するため、お手元に届く猶予を頂いております。予めご了承ください。

【営業日】について
営業日は平日になります。 ※土曜/日曜/祝祭日は、休業日です。

(例)6/16(火)開催の場合、6/11(木)が締切日となります。

問合せ先 日刊工業新聞社 総合事業局
セミナー事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

角川 真也 氏(つのかわ)

このセミナーを申し込む

プログラム

 1. これから我々を待ち受ける世界
   1) 『アフターコロナ』とはどんな時代なのか?
   2) 会社存続のために今すべきこと
 2. 「臨戦態勢」を築く
   1) なぜ臨戦態勢が必要なのか?
   2) 臨戦態勢構築の3ステップ
 3. 従業員の「本音」を把握する
   1) 日本人から本音を引き出すのは難しい
   2) 『ストレスチェック』に学ぶアンケート設計
   3) 従業員の不安感・不信感を取り除く実施方法
   4) 数値データで定量的に本音を把握する方法
 4. 従業員の「本音」を分析する
   1) 問題点を分類・整理し評価するランキング表
   2) 真の問題は組織風土とマネジメントにある
 5. 対策を立案する
   1) 個別対策と根本対策
   2) 全問題の80%を解決する2つの根本対策
   ①組織マネジメントシステム
   ②人財育成システム
 6. 対策を推進する
   1) トップダウンとボトムアップの併用が成功の秘訣
   2) 進捗管理不要の推進方法
 7. 情報を共有化する
   1) 「臨戦態勢」を一瞬で築く方法
   2) 集計・分析データの管理方法
 8. 実施目的別事例紹介(4社)
   1) 快適職場構築 (製造業 (従業員数:700人))
   2) 従業員定着率向上 (サービス業 (従業員数:10人))
   3) 事業承継 (専門商社 (従業員数:10人))
   4) 生産性向上 (製造業 (従業員数:13,000人)) 
   5) 実施事業所の声
【ライブ配信セミナーに伴う注意事項について】⇒ 【詳細はこちら】
 ※必ずお読みください
(お申込みを頂いた時点でご同意頂いたとみなします)

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる