セミナー

【ライブ配信セミナー】
~欲しい機能を実現するポイントと表面処理の関連を学ぶ~

表面処理の正しい選択の仕方と使い方、トラブル対策

開催主旨

 付加価値向上の必須技術として表面処理への期待が年々高まっています。例えば、摺動部で要求される低摩擦性や耐摩耗性、また耐食性を高めたり、接着剤や皮膜層の密着強度を向上させるなど、表面改質なしで実現できない機能を付与できるからで、自動車や電器電子製品までその応用は拡大しています。
 しかし、多くの技術者は、材料表面にどのような特性を付与すれば良いかを理解しないまま経験則のみで表面処理を行うため、表面処理に起因するトラブルが意外に多いのが実情です。
 本セミナーでは表面に関わる基礎知識から具体的な表面処理法および留意点などのノウハウを紹介し表面処理によって自社製品の付加価値向上につなげられる技術者育成を目指します。各種部品の実施例や不具合事例を通じて解説がなされるため、実践的なトラブル解決法が身に着けられます。
 なお、幅広い内容を取扱いますので、プログラムにある各項目の個別の技術的論点についてさらに深く学びたい方へは、それぞれの論点を集中的に扱ったセミナーを別途企画・開催していく予定です。

【受講効果】
☆表面処理の基礎から応用までを包括的に学ぶことができます。
☆各種部品への実施事例やトラブル事例を通じて解説するため、具体的な使用方法や留意点などのノウハウを習得できます。
☆機械設計者はもちろん電気電子製品の設計者など、製品設計担当は必聴の基礎講座となっており、若手~中堅技術者の育成に役立ちます。

概要

日時 2020年12月 9日(水) 10:00~17:00
(9:30 ログイン開始)
※昼休憩1時間あり
会場

WEBセミナー
WEBセミナーは、WEBミーティングツール「Zoom」を使用して開催いたします。

※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
ブラウザとインターネット接続環境があれば、どこからでも参加可能です。

受講料

お一人様:33,000円(資料含む、消費税込)

受講にあたり
開催決定後、受講票並び請求書をご郵送いたします。
申込者が最少催行人数に達していない講座の場合、開催を見送りとさせて頂くことがございます。(担当者より一週間前を目途にご連絡致します。)
受講料
セミナー開催日1週間前までに銀行振込にてお支払いください。
振込手数料は貴社でご負担願います。
キャンセルについて
開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。

主催 日刊工業新聞社

※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
申込み締切日について

講座開催の3営業日前17:00〆切
※セミナーによって締切が異なる場合もございます。早めにお申込みください。
原則、資料を受講者の方へ郵送するため、お手元に届く猶予を頂いております。予めご了承ください。

【営業日】について
営業日は平日になります。 ※土曜/日曜/祝祭日は、休業日です。

(例)6/16(火)開催の場合、6/11(木)が締切日となります。

問合せ先 日刊工業新聞社 名古屋支社 イベントG
TEL:052-931-6158 FAX:052-931-6159
E-mail:nk-event@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

岡本 邦夫 氏

このセミナーを申し込む

プログラム

1. 表面処理の概要
(1)表面処理はなぜ必要?
(2)表面処理の分類
(3)表面処理の用途例と代表的な表面特性
(4)表面処理の考え方と改質形態
2. 表面処理の基礎
(1)低摩擦・低摩耗(トライボロジー)の基礎
(2)材料表面の基礎
3. 表面処理で得られる効果 
(1)腐食と防食
(2)摩擦・摩耗特性
(3)耐疲労性
(4)機械的表面改質
(5)表面官能基による密着性向上
(6)光関連
4. 熱処理による表面処理
(1)焼入れ手法と硬化原理
(2)表面熱処理とは
(3)表面焼き入れ
(4)浸炭および浸炭窒化処理
(5)窒化および軟窒化処理
(6)炭素・窒素以外の拡散浸透処理
5. 水溶液による表面処理
(1)化学変化による表面処理
(2)電気を用いた表面処理
(3)めっき金属と冶金的金属の硬さ比較
(4)陽極酸化
(5)めっき皮膜の密着性
6. 物理的・化学的蒸着による表面処理
(1)蒸着とは
(2)物理的蒸着法(PVD)
(3)化学的蒸着法(CVD)
(4)PVDとCVDによる硬化膜とその特徴
(5)PVDとCVDを利用する際の留意点
7. イオンビームによる表面処理
(1)イオンビームとは
(2)イオンビームの特徴
(3)イオン注入
8. 表面処理のための前処理
(1)洗浄剤
(2)ドライ洗浄
(3)エッチング
(4)化学研磨と電解研磨
 【ライブ配信セミナーに伴う注意事項について】⇒ 【詳細はこちら】
 ※必ずお読みください
(お申込みを頂いた時点でご同意頂いたとみなします)

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる