セミナー

【ライブ配信セミナー】
人を変え、会社を変え、組織の生産性を飛躍的に高める

「トヨタ流マネジメントシステム(TMS)」入門

開催主旨

 世界一流の企業でありながらも、いまだに高い成長率と競争力を備えるトヨタ自動車。それを支えるのがトヨタ生産方式(TPS)にもとづく「マネジメント力」であり、同社の経営者ならびに幹部クラスは、他社に比して高いマネジメント力を備えると言われています。そして、このようTPSの考え方にもとづき、進化したマネジメント手法が「TMS(Toyota way Management System、Total Management System)」です。トヨタ式のグローバルな経営思想と理論をもとにマネジメントを展開し、設計開発から製造・販売まで幅広い分野に適用することができ、製造業・非製造業を問わず、効率的な会社運営と人と職場の活性化で成果を上げています。
 本講座は、TMSの考え方にもとづき、仕事の品質向上と改善マインドの醸成から、品質改善・組織改善・経営改善、経営・組織の活性化までの手法を解説します。経営者や幹部クラスはもちろん、次世代の経営者や部門長・幹部候補の方の参加をお奨めします。
 本講座を通じて、真の経営者となるための、高度なマネジメント手法と経営思想、哲学を身につけると同時に組織構造を変えていくためのトヨタ式の方法論を学び、「TMS 2級・3級認定プログラム」のエッセンスを掴みましょう。

(参考)
*TMS2級を導入すると次のような改善効果が得られます。①イノベーション活動10%向上、②生産性向上活動10%向上、ワークライフバランス活動10%向上、職場活性化活動10%向上。

 本セミナーは、オンライン配信ツールZoomおよびCisco Webex Meetingsを使い、出演者自身も自宅から出演いただく形式の「Home to Home」(H2H)セミナーとなります。ご視聴方法(参加用URL等)はご登録くださいましたメールにお知らせいたします。ZOOMでの視聴が困難な方には別途、こちらの手順を参照のうえブラウザ上でご視聴ください。本方法での視聴が難しい方は、他の視聴方法をご案内いたしますので問い合わせ先のメールアドレスまでご連絡ください。なおCisco Webex Meetingsでの参加をご希望される方は、申し込みフォームの備考欄にその旨をご記載ください。

概要

日時 2021年 1月 27日(水)10:00~13:00
受講料

22,000円(テキスト、税込)

※振込手数料は貴社でご負担願います。

※講座実施前の入金をお願いしておりますが、新型コロナウィルス感染症の影響を考慮し、講座実施後の入金にも対応しています。

主催 日刊工業新聞社
協力 豊田エンジニアリング
問い合わせ先 日刊工業新聞社
大阪支社 事業出版部 セミナー係
TEL : 06-6946-3382
FAX : 06-6946-3389
E-mail : seminar-osaka@media.nikkan.co.jp

講師

堀切 俊雄 氏

このセミナーを申し込む

プログラム

1.企業の現状
 
2.理解度のレベル
 
3.職場の活性化活動とは
①職場活性化活動は職場を元気にする/②職場活性化活動が目指す人材像/③職場活性化活動の導入と成長/⑤職場活性化活動で統制型から自律型へ
4.可視化管理
①活動の見える化/②方針の展開/③日常管理/④仕事の見える化
5.TMSは会社全体の経営システム
①TMSマネジメントの強み/②TMSの原理
6.改善のプロセス
①改善マインドの醸成/②5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)/③なぜなぜを繰り返す(なぜなぜ分析)/
④統計的なモノの見方/⑤自工程完結で仕事の質を上げる
7.管理者の役割
①自律型人材へのキャリアプランニング/②活動の評価/③仕事のやり方を変える
8.最高の業績
①Σ社員の個性×社員の能力×社員の向上心(モチベーション)/②価値の創造/③生産性を向上し、利益を創造する
9.個人と企業の調和
 
10.TMSの定着
①ポジション別活性化活動/②職場活性化活動の評価/③利益を創造するために
【ライブ配信セミナーに伴う注意事項について】⇒ 【詳細はこちら】
※必ずお読みください
(お申込みを頂いた時点でご同意頂いたとみなします)

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる