セミナー

【ライブ配信セミナー】
トヨタが実践する!全部署・全員参加型「原価マネジメント」入門
~業務の中で原価を創造して先手で原価をつくり、原価低減を低減する手法~

開催主旨

 経理・会計は「仕事の結果」を集計する業務です。仕事が終わった集計(会計)を眺めても業績向上にはつながらないのは当然で、儲けるためには日々の開発業務の中で付加価値をつくり(上げる)、原価を下げることが求められます。このように“現在の業務と付加価値を対にする”ことが原価マネジメントです。
 トヨタでは、商品企画の時点であらかじめ原価を検討して見積もる「原価企画」を確立しており、開発以降の業務の規範とする(原価計画を立てる)ことで業務の中で原価を創造し、先手で原価をつくり上げています。そして、全部署および全員が原価を真から理解し、日々の開発・生産業務で、これらを実践することで原価低減を達成しています。
 本講座では、生産結果を集計する従来型の原価ではなく、原価を理解し、創造し、先手でつくり上げる手法を解説。トヨタ実践する、商品企画と同時に原価の検討を開始し、目標とする原価を確実に達成したうえで設計・開発を進める効果を実感いただきます。同時に、業務と原価(または利益)がリアルタイムに直結する経営と管理の実践により、強い組織づくりにつなげていただきます。

 本セミナーは、オンライン配信ツールZoomを使い、出演者自身も自宅から出演いただく形式の「Home to Home」(H2H)セミナーとなります。ご視聴方法(参加用URL等)はご登録くださいましたメールにお知らせいたします。ZOOMでの視聴が困難な方には別途、こちらの手順を参照のうえブラウザ上でご視聴ください。本方法での視聴が難しい方は、他の視聴方法をご案内いたしますので問い合わせ先のメールアドレスまでご連絡ください。

概要

日時 2021年 9月22日(水)13001700
受講料 27,500円(テキスト代、税込、1名分)
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※講座実施前の入金をお願いしておりますが、新型コロナウィルス感染症の影響を考慮し、講座実施後の入金にも対応しています。
主催 日刊工業新聞社
協力 豊田エンジニアリング
問い合わせ先 日刊工業新聞社
大阪支社 事業出版部 セミナー係
TEL : 06-6946-3382
FAX : 06-6946-3389
E-mail : seminar-osaka@media.nikkan.co.jp

講師

堀切 俊雄 氏

このセミナーを申し込む

プログラム

1.原価管理の概要
1-1 原価マネジメントの必要性
1-2 業務と原価の関連
1-3 経理部の役割
1-4 原価マネジメントの仕組み
1-5 原価マネジメントの資格者
2.原価計算の基礎(演習問題あり)
2-1 原価の多面性
2-2 生産量変動よる原価計算(変動費・固定費分類)
2-3 差額原価と絶対原価
2-4 意思決定法(経済性検討)
2-5 実績原価・標準原価・予想原価
3.商品企画・製品企画
3-1 トヨタのCE制度
3-2 商品企画・製品企画と原価企画
3-3 経理部の役割
3-4 原価マネジメントの仕組み
3-5 原価Mの資格者
4.原価による意思決定(経営)
4-1 代表的な原価面からの意思決定法 ― 例題から学ぶ経済性検討
4-2 各種の業務と原価面の意思決定
5.原価計画・低減
5-1 各部署毎の原価低減内容
5-2 改善の進め方
5-3 原価低減の事例
6.質疑応答・相談
【ライブ配信セミナーに伴う注意事項について】⇒ 【詳細はこちら】
※必ずお読みください
(お申込みを頂いた時点でご同意頂いたとみなします)

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる