セミナー

【ライブ配信セミナー】
自動運転のためのセンサシステム入門

開催主旨

 自動運転の実用化が進んでいます。自動運転に重要なコア技術が、自動車の目に相当する外界センサシステムです。外界センサには、超音波、電波レーダー、LiDAR、カメラ等の各種システムが使われます。このように各種システムを使う理由は、それぞれのセンサに一長一短があり、決め手になるものがないからです。そこで、各種センサを組み合わせたセンサフュージョンが必要になります。本講では、自動運転用の外界センサに興味のある方の入門用として、自動運転と各種センサシステムの概略からセンサフュージョン手法まで紹介します。特に、カメラとLiDARのセンサフュージョンを詳しく説明します。

 

■受講対象者
・自動運転に興味のある方
・自動運転用の外界センサ関連に興味のある方


■本セミナーで習得できること
・自動運転用外界センサの経緯
・自動運転用外界センサの原理
・自動運転用外界センサの取り扱い方

 

※セミナー受講者には、『自動運転のためのセンサシステム入門』 伊東敏夫著(日刊工業新聞社)を無料進呈致します。

 

概要

日時 2021年 8月 4日(水)10:00~17:00
(9:30 ログイン開始)※昼休憩1時間あり
会場

WEBセミナー
WEBセミナーは、WEBミーティングツール「Zoom」を使用して開催いたします。

※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
ブラウザとインターネット接続環境があれば、どこからでも参加可能です。

受講料

44,000円(資料含む、消費税込)
*複数人数お申し込みの場合2人目から39,600円
※後日、別の方が追加で申込をされる際は、備考欄に先に申し込まれた方のお名前と複数割適用希望と記載ください。
(記載が無い場合は通常料金のご請求となります。予めご了承ください)

日刊工業新聞社

※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
主催 日刊工業新聞社

※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
申込締切日について

講座開催の3営業日前17:00〆切
※セミナーによって締切が異なる場合もございます。早めにお申込みください。
原則、資料を受講者の方へ郵送するため、お手元に届く猶予を頂いております。予めご了承ください。

【営業日】について
営業日は平日になります。 ※土曜/日曜/祝祭日は、休業日です。

(例)6/16(火)開催の場合、6/11(木)が締切日となります。

問合せ先 日刊工業新聞社
総合事業局 セミナー事業部
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

伊東 敏夫 氏

このセミナーを申し込む

プログラム

1. 自動運転に必要なセンサ
 1-1.運転支援システムの成熟とセンサの変遷
 1-2.運転支援システムから自動運転へ
2. 各センサ技術の特徴
 2-1.超音波センサ
 2-2.電波レーダー
 2-3.LiDAR
 2-4.カメラ
3. 自動運転に必要なセンサ性能
 3-1.ドライビングシミュレータによる実験結果
 3-2.センサに要求される性能
4. カメラ技術の詳細
 4-1.これまでの物体認識技術
 4-2.ディープラーニング
5. LiDAR技術の詳細
 5-1.LiDARによる物体検出技術
 5-2.LiDARによる自己位置推定技術
6. フュージョン技術
 6-1.複合型センサフュージョン
 6-2.統合型センサフュージョン
 6-3.融合型センサフュージョン
 6-4.連合型センサフュージョン
7.今後の動向
 【ライブ配信セミナーに伴う注意事項について】⇒ 【詳細はこちら】
※必ずお読みください
(お申込みを頂いた時点でご同意頂いたとみなします)

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる