セミナー

【ライブ配信セミナー】
技術者が「原価低減+αの利益思考力」を身に着ければ最強のイノベータになれる。

~技術者向け「利益思考力」強化講座~
「原価低減でしか利益をねん出できない会社」と「原価低減+αの利益獲得の打ち手を持つ会社」との格差は拡がるばかり!

開催主旨

日本のモノづくりはQCDのうち、QDを維持しながらCを低減する、いわゆる原価低減(安売り競争での強さ)を利益の源泉としてきました。

しかし、顧客要求を起点にどれほど機能とコストを絞ったところで限界があります。コロナ禍を迎え、いよいよ原価低減では利益がねん出できなくなくなってきた…もう限界だ、という声があちこちから聞こえてきております。

ところが、その一方で、コロナ禍の中でも順調に業績を上げ続けている会社が少なからずあります。

この両社の違いは何か?

一言で言えば、
「原価低減」でしか利益をねん出できない企業と、
「原価低減+αの利益」の生み出し方を確立している企業

の違いです。

「原価低減+αの利益」とそうでない企業、コストダウンだけを利益の依り代にしている会社との差は今後ますます広がるばかりです。

本講座では、技術者向けに管理会計の基礎と安売りの危険性を解説するところから始まり、どこで競合に勝つのか?絞り込みによる競争優位性確立についてを解説、そして主題であるとなる「原価低減+αの利益」獲得の創出法として、

「顧客の感じる感情的な価値」
「顧客の感じる経済的価値」
「利益を増やすための具体的な打ち手の事例」

上記を解説し、価格競争以外で利益を獲得するための考え方、利益思考力をワークを通じて体得いただきます。

技術者が「原価低減+αの利益思考力」を身に着ければ最強です。
原価低減に限界を感じている設計開発・生産技術職の方のご参加をお待ちしております。

 

本セミナーのテキストは、PDFにてお送り致します。
※お申込みの際に、テキストを受け取れるメールアドレスを記入して下さい。
(申込アドレスと異なる場合は、申し込みフォームの備考欄にてお知らせ下さい。)

概要

日時 2021年 9月10日(金)10:00~17:00
(9:30 ログイン開始)※昼休憩1時間あり
会場

WEBセミナー
WEBセミナーは、WEBミーティングツール「Zoom」を使用して開催いたします。

※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
ブラウザとインターネット接続環境があれば、どこからでも参加可能です。

受講料

44,000円(資料含む、消費税込)
*複数人数お申し込みの場合2人目から39,600円
※後日、別の方が追加で申込をされる際は、備考欄に先に申し込まれた方のお名前と複数割適用希望と記載ください。
(記載が無い場合は通常料金のご請求となります。予めご了承ください)

受講にあたり
開催決定後、受講票並び請求書をご郵送いたします。
申込者が最少催行人数に達していない講座の場合、開催を見送りとさせて頂くことがございます。(担当者より一週間前を目途にご連絡致します。)
受講料
振込手数料は貴社でご負担願います。
キャンセルについて
開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。

主催 日刊工業新聞社

※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
申込締切日について

講座開催の3営業日前17:00〆切
※セミナーによって締切が異なる場合もございます。早めにお申込みください。
原則、資料を受講者の方へ郵送するため、お手元に届く猶予を頂いております。予めご了承ください。

【営業日】について
営業日は平日になります。 ※土曜/日曜/祝祭日は、休業日です。

(例)6/16(火)開催の場合、6/11(木)が締切日となります。

問合せ先 日刊工業新聞社
総合事業局 セミナー事業部
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

米澤 裕一氏

このセミナーを申し込む

プログラム

<PART1> 技術者が理解すべき管理会計の基本 10:00~11:10(60分 + 休憩10分)
  1.会社の成り立ち
   ・従業員・会社・顧客
  2.これだけで充分【管理会計の基本】
   ・売上、変動費、固定費
   ・損益分岐点とは
   ・固定費型ビジネスと変動費型ビジネス
   ・損益分岐点引き下げ(コストダウン)の効果
   ・利益感度を理解する
   ・値下げは恐ろしい
   ・限界利益・労働分配率・労働生産性・賃金の関係
   ・ワーク
<PART2> 競争市場における自社のポジションを理解し、ニッチトップを目指す
        11:10~14:20(130分 + 12時より昼休み60分)
  1.競争戦略とは
   ・競争戦略の3つの方向性
   ・戦略と戦術の違い
  2.「少が大に勝つ」ためのランチェスター戦略を理解する
   ・ランチェスター法則とは
   ・「弱者の戦略」と「強者の戦略」
   ・商品、顧客、エリアの絞り込みについて
   ・ランチェスター戦略の事例を学ぶ
   ・競争市場における自社のポジションを理解する
   ・ワーク
  3.ニッチトップ(部分的NO1)がなぜ重要か
   ・なぜニッチは儲かるのか
   ・ニッチ戦略の類型
   ・自社が目指すべきニッチ領域
   ・ワーク
<PART3> 技術者は「製品機能価値」しか見えていない人が多い。
        顧客に提供すべき「多面的な価値」を理解し、利益ある製品づくりを考える
        14:20~16:40(130分 + 休憩10分)
  1.製品・サービスの「価値」を高める。
   ・「製品機能価値」だけが製品価値ではない!「顧客提供価値」とは?
   ・BtoCにおける利益ある製品づくり:顧客に感性情報を提供する
   ・事例:バルミューダに学ぶ「感情的価値」
   ・BtoBにおける利益ある製品づくり:顧客の支払意思額を高める
   ・事例:キーエンスに学ぶ「経済的価値」
   ・ワーク

  2.利益ある製品づくりに向けての打ち手
   ・価格競争を避けるために必要なこと
   ・「単価アップ」を実現するための取り組み
   ・ワーク
   ・利益を生むための、様々な打ち手について
   ・数量アップ、頻度アップ、スピードアップ
   ・変動費率ダウン、固定費ダウン
   ・逆張り戦略
本日のまとめ 16:40~17:00(20分)
 【ライブ配信セミナーに伴う注意事項について】⇒ 【詳細はこちら】
※必ずお読みください
(お申込みを頂いた時点でご同意頂いたとみなします)

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる