セミナー

【ライブ配信セミナー】
若手設計者向け、製図・検図のスキルアップセミナー!(全4回)

【第1弾】
機械設計図面の基礎と作図の基本(初級編)
最新JISにもとづく図面作図法と図面作成のノウハウを学ぶ(演習付き)
~機械・プラント製図国家検定1級・2級取得を目指す方にも役立つ~

開催主旨

 多くの会社や事業所では、最新の製図規格に則った図面作成ができているとは言えません。設計製図の重要さは認識していても、教育環境を整えることが難しく、旧JISや旧来の社内基準による設計製図を余儀なくされているのが実情です。
 図面は、だれもが使える標準化された共通の作業指示書です。少なくとも、第一線で活躍されている設計製図技術者は、最新の製図規格や実用的な図面の描き方を知っておく必要があります。

 現在ではCADによる作図が一般的になってきていますが、加工ができる正しい図面を描けているのか、不安を抱いている方々が多いと聞きます。企業の経営者、設計部署の管理者からも同じような声が聞こえてきます。
 ムダがなくわかりやすい図面は、他の作業者が間違えにくく、加工しやすく組立性も良く、安定した品質を作り込むことができます。要求された性能を確保し、コスト低減にもつながります。

 本講座では、最新の製図規格にもとづいた作図方法について基礎からわかりやすく学習します。特に、これから図面に取り組む方や、少し設計製図の経験を持っているレベルの方でも、図面の描き方の基本や製図の基礎をしっかり理解し、作図のノウハウを学ぶことで見違えるようにわかりやすい図面を描くことができるようになります。
「どのように図面を描けば良いのかわからない」
「どうすればもっとわかりやすく間違えのない図面を描けるのか」
「もっとスピードをあげて正確な図面を描くにはどうすればよいのか?」
などの様々な疑問に対し、事例をもとに製図の基礎から実用的な図面の描き方まで幅広くお教えします。

 製品開発設計の担当者、冶具や設備の設計製作担当者、生産技術者、試作担当者、アウトソーシングのCADオペレータ、営業・購買担当者の方々まで多くの方々の参加をお勧めします。

■本セミナーへの参加をお勧めする方
1.機械図面の描き方と作図法の基本を習得したい方
2.図面作成のルールとスケッチに必要な作図方法を習得したい方
3.表面性状、幾何公差など 高精度、高機能化を実現する製図法のルールを習得したい方

■本セミナーで習得できること
1.誰もが間違えやすい図面の正しい描き方と実用的な作図法を学ぶ
2.性能や機能を保証する設計製図に必要な設計計算と製図法を学ぶ
3.図面に隠された不具合を見抜く真の検図法の極意を学ぶ

■準備物
A4方眼紙(数枚)と20cm直定規(演習時に使用します。)

 

*第2弾 9/21(火)14:00~17:00(webセミナー)

➡ 機械設計計算に基づいた設計製図の実践(中級編)

 

*第3弾 10/5(火)9:30~12:30(webセミナー)

➡ 検図に必要な「加工の基礎知識」と「検図ポイント」の習得

 

*第4弾 10/5(火)14:00~17:00(webセミナー)

➡ 隠された不具合を見抜く、高度な検図法の習得

 

第1弾~第4弾の各セミナーは、単品でのお申し込みも受け付けております。

4本セットをお申し込みいただきますと通常価格より22,000円お得です!

下記申し込みフォーム内で選択してください。

概要

日時 2021年 9月21日(火)9:30~12:30
(9:00 ログイン開始)
会場

WEBセミナー
WEBセミナーは、WEBミーティングツール「Zoom」を使用して開催いたします。

※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
ブラウザとインターネット接続環境があれば、どこからでも参加可能です。

受講料

4講座セット受講 お一人様:88,000円(資料含む、消費税込)

この講座のみ(単品講座) お一人様:27,500円(資料含む、消費税込)

受講にあたり
開催決定後、受講票並び請求書をご郵送いたします。
申込者が最少催行人数に達していない講座の場合、開催を見送りとさせて頂くことがございます。(担当者より一週間前を目途にご連絡致します。)
受講料
振込手数料は貴社でご負担願います。
キャンセルについて
開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。

主催 日刊工業新聞社

※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
申込締切日について

講座開催の3営業日前17:00〆切
※セミナーによって締切が異なる場合もございます。早めにお申込みください。
原則、資料を受講者の方へ郵送するため、お手元に届く猶予を頂いております。予めご了承ください。

【営業日】について
営業日は平日になります。 ※土曜/日曜/祝祭日は、休業日です。

(例)6/16(火)開催の場合、6/11(木)が締切日となります。

問合せ先 日刊工業新聞社
総合事業局 セミナー事業部
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

村山 省己 氏(むらやま せいき)

このセミナーを申し込む

プログラム

第1章  図形と寸法のルール
1-1. 図形の表し方・・・図面の表し方の基本中の基本を学ぶ!
 1-1-1. 線の種類と用途
 1-1-2. 第三角法と3面図
 1-1-3. 寸法記入
 1-1-4. 投影図
 1-1-5. 断面図
1-2.寸法の表し方・・・簡単なようで難しい寸法の入れ方を学ぶ!
 1-2-1. 寸法
 1-2-2. 面取り、半径
 1-2-3. 穴加工、ザグリ
 1-2-4. キー溝
 1-2-5. 加工方法
1-3.寸法公差の表し方・・・設計者の意図した精度にする方法を学ぶ!
 1-3-1. 寸法公差
 1-3-2. 普通公差と許容値
 1-3-3. すきまとしめしろ
 1-3-4. はめあいの表示
 1-3-5. 公差の累積
1-4. スケッチの作図法・・・図面の見方、描き方を演習から学ぶ!
 1-4-1 スケッチの準備
 1-4-2. 測定具
 1-4-3. スケッチの仕方
 1-4-4. 3D図から2D図(演習)
 1-4-5. 軸の作図(演習)
 1-4-6. 軸継手の作図(演習)
第2章  表面性状と幾何特性のルール
2-1.表面性状の表し方・・・機械加工方法で異なる表面性状を学ぶ!
 2-1-1. 表面粗さの求め方
 2-1-2. 表面性状の範囲
 2-1-3. 表面性状の記入方法
 2-1-4. 表面性状の目安
 2-1-5. 表面性状の作図例
2-2.幾何公差の表し方・・・設計者の意図する組立精度の保証方法を学ぶ!
 2-2-1. 幾何公差の種類
 2-2-2. 幾何公差の表示方法
 2-2-3. データムと幾何公差の記入方法
 2-2-4. 二つの公差域
 2-2-5. 平面度・真円度公差
 2-2-6. 円筒度・直角度公差
 2-2-7. 真直度公差
 2-2-8. 平行度公差
 2-2-9. 位置度公差
 2-2-10. 同軸度・対称度公差
 2-2-11. 円周振れ公差
 2-2-12. 全周振れ公差
 2-2-13. 幾何公差の適用例
 【ライブ配信セミナーに伴う注意事項について】⇒ 【詳細はこちら】
※必ずお読みください
(お申込みを頂いた時点でご同意頂いたとみなします)

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる