セミナー

【ライブ配信セミナー】
トヨタ式で事務作業もカイゼン!

トヨタ生産方式(TPS)の間接業務への適用手法

開催主旨

~製造現場だけじゃない。職場の問題を見える化し、ムダの排除で生産性向上!TPSの基礎から、実際の間接部門への適用事例までを学ぶ~


日本のホワイトカラー(間接部門)の生産性が低いと言われて久しいが、なぜだろうか。
それには製造直接部門と比較しての違いをまず明確にする必要がある。
生産性は、成果(アウトプット)/投入時間(インプット)で評価されるべきものであるが、一般的に製造直接部門が時間に対する感覚が敏感で厳しいのに対して、事務所の仕事は分子の成果には注目するが、分母の投入時間に対する意識が乏しい。
そこで、製造現場で高く評価されているトヨタ生産方式(TPS)の思想と手法を間接部門に如何に適用するかを紹介したい。
例えば、オフィスの仕事にもストップウォッチを活用して標準作業の概念を導入するなどのトライもしている。
率直に言って、間接部門の生産性向上は、未だ発展途上であると言わざる得ない。
なぜならば、間接部門の生産性向上は、AIなどの技術革新を織り込めばと誤解されている方が多い。
しかし自働化の前にTPSでいう徹底的なムダ排除をしないとムダを織り込んだシステムになってしまう。
間接部門の生産性向上に関しては、大野耐一さんの開発された製造現場を対象にしたTPSほどに確立された理論と実践の実績は見たことがないのが事実である。
従って、この分野で如何にTPSの思想を適用できるかを試行錯誤してきたプロセスを紹介したい。
TPSに基づく具体的な個別の改善事例と共に、H銀行の事務センターでの成功を代表事例として紹介し、最後にそれを皮切りに他社への横展開状況を紹介したい。

概要

日時 2021年 11月 18日(木)13:30~16:30
(13:00 ログイン開始)
会場

WEBセミナー
WEBセミナーは、WEBミーティングツール「Zoom」を使用して開催いたします。

※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
ブラウザとインターネット接続環境があれば、どこからでも参加可能です。

受講料

お一人様:27,500円(資料含む、消費税込)

受講にあたり
開催決定後、受講票並び請求書をご郵送いたします。
申込者が最少催行人数に達していない講座の場合、開催を見送りとさせて頂くことがございます。(担当者より一週間前を目途にご連絡致します。)
受講料
振込手数料は貴社でご負担願います。
キャンセルについて
開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。

主催 日刊工業新聞社

※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
申込締切日について

講座開催の3営業日前17:00〆切
※セミナーによって締切が異なる場合もございます。早めにお申込みください。
原則、資料を受講者の方へ郵送するため、お手元に届く猶予を頂いております。予めご了承ください。

【営業日】について
営業日は平日になります。 ※土曜/日曜/祝祭日は、休業日です。

(例)6/16(火)開催の場合、6/11(木)が締切日となります。

問合せ先 日刊工業新聞社
総合事業局 セミナー事業部
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

小森 治 氏

このセミナーを申し込む

プログラム

 第Ⅰ章:TPSの基本
 1.トヨタ方式の構造
 2.TPSの2本柱
 3.工場での適用
 4.良い流れを作る
 第Ⅱ章:間接部門へ適用のニーズ
 1.間接部門共通の問題点
 2.なぜ生産性が低いのか
 3.時間の概念の導入
 第Ⅲ章:間接部門の人づくり
 1.管理者の役割
 2.多能化の推進
 3.悪い情報を上げ易い職場に
 第Ⅳ章:生産性を上げよう
 1.見かけの稼働率で忙しいと言っていないか
 2.TPSの7つのムダをオフィスに適用
 3.オフィスにもストップウォッチを導入せよ
 第Ⅴ章:仕事のクオリティを高めよう
 1.品質保証の原点
 2.PDCAのサイクルを回そう
 第Ⅵ章:基本はやっぱり整理・整頓
 1.整理
   捨てるには判断基準が必要
   不要なものを「見える化」する赤札作戦
   書類の保管期限は正しいか
   先入先出で整理する
 2.整頓
   住所を明らかにする
   住所は固定する
   誰が見ても分かるようにする
   発注カード(かんばん)による発注点の見える化
   住所の決め方も工夫が必要
 第Ⅶ章:銀行事務センターの改善事例
 1.H銀行事務センターからの依頼
 2.事務処理の見える化
 3.改善の3本柱
 4.事務処理工場に標準作業の導入
 5.ストップウォッチで実態把握
   標準作業組合せ票
 6.営業店向けのチェックリスト
 7.マニュアルを保管する現場での仕掛け
 8.隣の仕事を覚えよう・・・多能化
 9.H銀行改善の成果
 10.H銀行を皮切りに他社への横展開状況
 【ライブ配信セミナーに伴う注意事項について】⇒ 【詳細はこちら】
※必ずお読みください
(お申込みを頂いた時点でご同意頂いたとみなします)

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる