セミナー

【ライブ配信セミナー】
パテントマップを活用した新商品の開発&事業モデルを構築する特許情報分析セミナー
~「失敗」リスクを最小化する事業化モデル構築の秘訣とは~

開催主旨

コロナ禍のもと、既存事業の先行きが厳しくなり、新たな商品・事業モデルを検討する企業からの相談が増えております。
新しい商品を開発して新分野に進出し、成功を収めるためには3つのポイントが重要です。

1.自社の強みを活かした商品を開発すること
2.世の中の動きに合わせた顧客ニーズに沿った開発を行うこと。
3.世の中にない新しい商品を開発すること

この3つのポイントは当たり前のことですが、できている企業はとても少数です。

新商品と称するものが「単なる改良品」だったり、「モノマネ」だったりして利益を生み出さないことを多く見受けます。


いったいどうしてなのか?

こうした「新商品もどき」で終わってしまうケースがが後を絶たない最大の理由は【必要な情報を入手できていない】からです。


ではどうするのか?

ここで非常に有意義な情報ソースとなるのが【特許情報】ですが、特許情報を調べるだけではダメです。

特許情報を【上手く活用】することで自社の商品開発に【必要な情報】へと落とし込みをすることが必須です。

今のコロナ禍の時代は、カンと度胸で新たな分野に無謀な突撃をして撤退を繰り替えして知見を積んでいく…には厳しい時代と言わざるをえません。こうした時代に、リスクを出来るだけ低減して、新たな成功を勝ち取るために本セミナーでは、特許情報と市場情報を用いて新商品のためのアイデアの出し方、事業可能性の見分け方を紹介します。

特に特許情報が単なる発明の把握ではなく、新規事業に必要な技術動向、市場動向、顧客情報の把握など多岐に活用できることを理解していただきます。さらに、失敗事や成功事例を通して新商品開発の成功ポイントや基本的な考え方を理解していただきます。

その結果、新商品開発リーダーの立場で会社上層部に対しどのような事業提案をすべきか、ストーリーの組み立て方等を理解できるようになります。

 

【習得できる知識】
・新商品開発の考え方・成功のポイントを理解できる
・特許分類における記号の意味を理解できる。
・具体的なパテントマップの活用方法を学ぶことができる
・作成したパテントマップから情報を読み取る方法を学べる
・特許情報を用いた商品開発や事業モデルの流れを身に着けることができる

概要

日時 2021年 11月26日(金)13:00~17:00
(12:30 ログイン開始)
会場 WEBセミナー
WEBセミナーは、WEBミーティングツール「Zoom」を使用して開催いたします。

※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
ブラウザとインターネット接続環境があれば、どこからでも参加可能です。
受講料

お一人様:29,700円(資料含む、消費税込)

受講にあたり
開催決定後、受講票並び請求書をご郵送いたします。
申込者が最少催行人数に達していない講座の場合、開催を見送りとさせて頂くことがございます。(担当者より一週間前を目途にご連絡致します。)
受講料
振込手数料は貴社でご負担願います。
キャンセルについて
開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。

主催 日刊工業新聞社

※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
⇒ プライバシーポリシー
申込締切日について 講座開催の3営業日前17:00〆切
※セミナーによって締切が異なる場合もございます。早めにお申込みください。
原則、資料を受講者の方へ郵送するため、お手元に届く猶予を頂いております。予めご了承ください。

【営業日】について
営業日は平日になります。 ※土曜/日曜/祝祭日は、休業日です。

(例)6/16(火)開催の場合、6/11(木)が締切日となります。
問合せ先 日刊工業新聞社
総合事業局 セミナー事業部
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

座間 正信 氏

このセミナーを申し込む

プログラム

1.特許分類記号の特徴と分析手法
(1) 特許記号の意味と特徴
(2) パテントマップの種類と特徴
(3) パテントマップの作成方法
2.パテントマップを用いた分析
(1) 特許出願から全体の傾向を見る
(2) FIを用いた分析
(3) Fタームを用いた分析
3.特許情報を活用して企業を分析する
(1) A社の特許出願から特徴を分析する
(2) B社とC社を比較分析する
4.事業モデルを構築する
(1) 成長のための事業モデルとは
(2) 成長している企業の特徴
(3) 新商品アイデアの発想法
 【ライブ配信セミナーに伴う注意事項について】⇒ 【詳細はこちら】
※必ずお読みください
(お申込みを頂いた時点でご同意頂いたとみなします)

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる