セミナー

【ライブ配信セミナー】
ゼロベースで新規製品をまとめる力を身につける!

間違いだらけの設計仕様改善道場
~良い設計仕様(設計書)を作成して手戻りを激変する手法~

開催主旨

 設計とは、制約条件を考慮しつつ要求機能(要求仕様)を実現するための手段を論理的に考える行為です。その検討のためには、設計対象の達成すべき目標を明確にする必要があり、このような計コンセプトなどを包含するのが「設計仕様(または設計書)」となります。
 ところが、その内容が曖昧だったり論理的に検討されていなかったり、あるいは、過去の実績に名を借りて安易に踏襲したりするために、手戻りを招いている例が多く聞かれます。しかも2000年代以降は、製品ライフサイクルの短期化ならびに3DCAD/CAEの普及で流用設計にさらなる拍車がかかり、結果、設計仕様をきちんとまとめられる設計者が極端に少なくなっています
 本講座は、講師が経験した設計仕様に起因する手戻りの実態に触れ、それにかかる課題を皆さんと共有します。そのうえで、設計仕様の作成の流れから手戻りを招かないまとめ方のコツまでを解説し、個人演習を通じてきっちりと体得します。
 「実は、流用設計しか経験したことがない・・・」。きっと、そんな方が多いことでしょう。本講座を通じて、ゼロベースで設計仕様を取りまとめる技量を身につけ、新規製品・新規システムをバシバシと設計できるエンジニアに生まれ変わりましょう!

概要

日時 2021年 12月 3日(金)10:00~17:00
(9:30 ログイン開始)※昼休憩1時間あり
会場 WEBセミナー
WEBセミナーは、WEBミーティングツール「Zoom」を使用して開催いたします。

※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
ブラウザとインターネット接続環境があれば、どこからでも参加可能です。
受講料

44,000円(資料含む、消費税込)
*複数人数お申し込みの場合2人目から39,600円
※後日、別の方が追加で申込をされる際は、備考欄に先に申し込まれた方のお名前と複数割適用希望と記載ください。
(記載が無い場合は通常料金のご請求となります。予めご了承ください)

受講にあたり
開催決定後、受講票並び請求書をご郵送いたします。
申込者が最少催行人数に達していない講座の場合、開催を見送りとさせて頂くことがございます。(担当者より一週間前を目途にご連絡致します。)
受講料
振込手数料は貴社でご負担願います。
キャンセルについて
開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。

主催 日刊工業新聞社

※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
⇒ プライバシーポリシー
申込締切日について 講座開催の3営業日前17:00〆切
※セミナーによって締切が異なる場合もございます。早めにお申込みください。
原則、資料を受講者の方へ郵送するため、お手元に届く猶予を頂いております。予めご了承ください。

【営業日】について
営業日は平日になります。 ※土曜/日曜/祝祭日は、休業日です。

(例)6/16(火)開催の場合、6/11(木)が締切日となります。
問合せ先 日刊工業新聞社
総合事業局 セミナー事業部
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

中山 聡史 氏

このセミナーを申し込む

プログラム

1.現状の設計の問題点
1-1 蔓延する間違った流用設計の考え方
 ①派生製番の派生製番の誕生
 ②KKDに頼った設計変更
 ③仕向け違いの流用
1-2 バックローディング
 ①フロントローディングとバックローディングの違い
 ②バックローディングでQCDが失われる理由
1-3根拠がない設計変更
 ①設計変更ノウハウが属人化している
 ②公差を無視したその場限りの設計変更
1-4 ノウハウが社内に蓄積しない
 ①失敗事例が活用されていない
 ②過去に発生した問題が集約されていない
 2.本来の設計プロセスとは
2-1 設計の原理と基本プロセス
2-2 自動車メーカーの開発プロセス
2-3 論理的思考でモノごとを考える
 ① 目的と手段の考え方
 ②演繹法と帰納法
 3.設計仕様書の作成に当たっての基本的な考え方
3-1 設計仕様書の目的とは
3-2 現状の設計仕様書と本来の設計仕様書の比較
 ①現状の設計仕様書
 ②本来の設計仕様書
 ③①と②の差異とは
3-3 設計仕様書に必要なインプット情報
 ①製品企画者の想い(どこに品質を重点的に置くかが変わってくる)
 ②製品を使用する市場環境(設計者自ら市場環境を理解する)
 ③取り入れるべき新技術
 4.設計仕様書の構成と内容
4-1 設計インプット情報(製品コンセプト・受注仕様)
4-2 機能系統図
4-3 設計方針
4-4 技術の選択(コア技術の活用明確化)
4-5 主要諸元の検討
 5.設計仕様書からQCD向上策
5-1 Q:設計課題(DRBFM)
5-2 C:目標コスト設定とVE案の検討
5-3 D:設計者の連携可能なスケジュール管理
 6.設計仕様書の演習(個人演習)
 簡易なアセンブリ製品を例にした設計仕様の作り方
 7.良い設計仕様書を作成するためのヒント
 【ライブ配信セミナーに伴う注意事項について】⇒ 【詳細はこちら】
※必ずお読みください
(お申込みを頂いた時点でご同意頂いたとみなします)

 

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる