セミナー

【ライブ配信セミナー】
「優秀な技術者」と呼ばれるための

技術コミュニケーションデザインの基本
~【技術に詳しくない他部署やお客様】に、どのように伝え、関わり、信頼関係を築いていくのかを学ぶ~

開催主旨

技術者は「技術のことだけわかっていればいい」という時代は終わりました。

 

 チームの巻き込み、他部門との連携、協力会社との協業、技術的な情報を伝えることがうまくいかなくて困った経験はありませんか? 近年、ますます技術者のプレゼンテーション機会や他部門との交渉機会が増しており、多くの技術者が苦労しています。
 すべてのシゴトは人と関わって完成します。協力会社、上司、同僚、部下、他部門の担当者、お客様など…。
この関わりの質を決定づけるのがコミュニケーションであり、これが適切に行われなければ意思と意図が上手く伝わらず、製造トラブル、顧客トラブルの元凶となります。
 本研修では、技術者が、【技術に詳しくない他部署やお客様】と、どのように伝え、関わり、「彼は優秀な技術者だ」と信頼される関係を築いていくのかを学びます。

 

■対象者:技術部門の担当者およびチームリーダー

概要

日時 2022年 1月 20日(木)10:00~17:00
(9:30 ログイン開始)※昼休憩1時間あり
会場 WEBセミナー
WEBセミナーは、WEBミーティングツール「Zoom」を使用して開催いたします。

※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
ブラウザとインターネット接続環境があれば、どこからでも参加可能です。
受講料

44,000円(資料含む、消費税込)
*複数人数お申し込みの場合2人目から39,600円
※後日、別の方が追加で申込をされる際は、備考欄に先に申し込まれた方のお名前と複数割適用希望と記載ください。
(記載が無い場合は通常料金のご請求となります。予めご了承ください)

受講にあたり
開催決定後、受講票並び請求書をご郵送いたします。
申込者が最少催行人数に達していない講座の場合、開催を見送りとさせて頂くことがございます。(担当者より一週間前を目途にご連絡致します。)
受講料
振込手数料は貴社でご負担願います。
キャンセルについて
開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。

主催 日刊工業新聞社

※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
⇒ プライバシーポリシー
申込締切日について 講座開催の3営業日前17:00〆切
※セミナーによって締切が異なる場合もございます。早めにお申込みください。
原則、資料を受講者の方へ郵送するため、お手元に届く猶予を頂いております。予めご了承ください。

【営業日】について
営業日は平日になります。 ※土曜/日曜/祝祭日は、休業日です。

(例)6/16(火)開催の場合、6/11(木)が締切日となります。
問合せ先 日刊工業新聞社
総合事業局 セミナー事業部
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

山口 純治 氏

このセミナーを申し込む

プログラム

1.「技術のことだけわかっていればいい」という時代は終わった
 ・伝えることに苦手意識を持つ社会人が多くいます。
 ・社会人に最も必要な能力は何か..
 ・コミュニケーションに課題を感じている企業が約8割
 ・VUCAの時代に求められる人材とは
2.コミュニケーションとは何か?
 ・コミュニケーションの目的
 ・デザイナーの敗北
 ・コミュニケーションのコツ
 ・コミュニケーションデザインとは
 ・意図どおりに動いてもらうためのハードル
3.コミュニケーションロス(意思と意図が上手く伝わらない)を突き止める
 ・コミュニケーションロスとは何か
 ・コミュニケーションロスが発生する仕組み
 ・コミュニケーションロスの対策
4.脳と理解の仕組みを知って、人の動かし方を学ぶ
 ・人の脳は手抜きの達人
 ・人の脳は間違える(錯覚する脳)
 ・行動経済学|人の脳は非合理的に物事を判断する
 ・RAS:脳幹網様体賦活系の働きを理解しよう
5.分かりやすく伝える技術
 ・「伝える」プロセスを分解すると
 ・相手に地図を渡しているか
 ・電話での道案内から学ぶ分かりやすく伝える技術
 ・教える技術
 ・指示を出すときのポイント、7選
 ・成長の段階に応じた指導をする
 ・ティーチングとコーチングの使い分け
 ・行動科学マネジメント
 ・洞察力を鍛える(観察と洞察)
 ・分かりにくい説明の特徴
 ・分かりやすく伝える「型」
6.より正確に世界を見る力、思考技術を身に付ける
 ・思考力がない人の特徴
 ・思考力がある人の特徴
 ・思考とは何か?
 ・思考習慣を身に付けるための「口癖」
 ・コンセプチュアルスキル|本質を見抜く能力
 ・ロジカルシンキング(主張と根拠、筋道を通す)
 ・クリティカルシンキング(ホントにこれで良いのかと疑う)
 ・ラテラルシンキング(多様な角度から物事を見る)
 ・MECE(もれなくダブりなく)
 ・ビジネスフレームワークあれこれ
 ・抽象化と具体化
 ・質問技術を鍛える|質問はフォーカスを変える
 ・成功者の質問から学ぶ
 ・思考技術の極意|思考の癖を見直す
7.人と情報がどんどん集まる聴く技術
 ・人の話を聞かない人の特徴
 ・今日から実践、正しい聞き方
 ・アクティブリスニング
 ・バーバルコミュニケーションとノンバーバルコミュニケーション
8.信頼を勝ち取る
 ・信頼を得るために捨てる、たった一つのもの
 ・聞き上手には人と情報が集まる
 ・相手に影響を与えるコツ
 ・相手の承認欲求を満たして、信頼関係を深める
【ライブ配信セミナーに伴う注意事項について】⇒ 【詳細はこちら】
 ※必ずお読みください
(お申込みを頂いた時点でご同意頂いたとみなします)

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる