セミナー

【ライブ配信セミナー】
設計計算の基礎と製図力のスキルアップ!

設計の質を底上げする機械設計製図の実践編(演習付き)
~計算に基づく製図の基本やノウハウ、機械設計の要素技術、軸・軸継手の設計計算と作図の勘所を学ぶ~

開催主旨

信頼性が高く、ムダのない分かりやすい設計図面は、加工しやすく組立性も良く、安定した品質を作り込むことができ、コスト低減や製品性能を向上させることにつながります。

一般に機械部品の設計製図は、要求品質を満足させる設計計算を行い最適な寸法を設定します。しかし、根拠なく寸法が決定される場合や、前例踏襲以外の説明しかできない事例も数多く存在しています。

近年では、3DCADやCAE解析を活用して形状や寸法を決める機会が多くなっていますが、設計の根拠に基づいて作図できているでしょうか。
原理原則にもとづいて設計ができないままだと、たとえ出図承認が下りても後工程でトラブルが発生します。特にベテラン設計者の部署異動や退職によって、技術伝承や信頼性の高い設計が不十分な状態となっており、設計の質の向上を望んでいる企業も現実に存在します。

本セミナーでは、要求品質から設計計算にもとづいた寸法の決め方や、決めた寸法に従って作図を演習によって経験することで、設計製図プロセスの実務的な手法を学習します。
具体的には、機械部品を題材として、設計条件にもとづいて設計計算から部品寸法を決めるプロセスを演習により体験することで、モノづくりにおいて最も重要な設計の考え方や設計手法を習得します。
また、計算した寸法をもとに部品図を作成する上で、解釈に食い違いがない、信頼性の高い実務的な機械設計製図の作成手法を習得します。

製品開発設計者、機械設計者をはじめとした機械設計製図に携わっている方で、設計製図のスキルを上げたいと考えている方々を中心に、多くの方の参加をお勧めします。

■用意するもの
・電卓(加減乗除・立方根の計算ができるもの)・・・・軸や軸継手の設計計算で使用
・20cm定規、150mm径コンパス、0.7mmBシャープペンシル、字消版、円定規・・・軸や軸継手の作図で使用
・A4方眼紙(1mmマス目)数枚・・・・軸や軸継手の作図で使用

■本セミナーに参加して修得できること
(1)機械設計に必要な力学の考え方と基本的な計算式の知識を習得する
(2)コスト低減や要求品質を満足させる設計計算のポイントを修得する
(3)電動軸及び軸継手の強度計算と作図のテクニックを演習により習得する

 

概要

日時 2022年 8月 23日(火)10:00~17:00
(9:30 ログイン開始)※昼休憩1時間あり
会場 WEBセミナー
WEBセミナーは、WEBミーティングツール「Zoom」を使用して開催いたします。

※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
ブラウザとインターネット接続環境があれば、どこからでも参加可能です。
受講料

44,000円(資料含む、消費税込)
*複数人数お申し込みの場合2人目から39,600円
※後日、別の方が追加で申込をされる際は、備考欄に先に申し込まれた方のお名前と複数割適用希望と記載ください。
(記載が無い場合は通常料金のご請求となります。予めご了承ください)

受講にあたり
開催決定後、受講票並び請求書を郵送またはメール(PDFファイル)にてお送り致します。
申込者が最少催行人数に達していない講座の場合、開催を見送りとさせて頂くことがございます。(担当者より一週間前を目途にご連絡致します。)
受講料
振込手数料は貴社でご負担願います。
キャンセルについて
開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。

主催 日刊工業新聞社

※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
⇒ プライバシーポリシー
申込締切日について 講座開催の3営業日前17:00〆切
※セミナーによって締切が異なる場合もございます。早めにお申込みください。
原則、資料を受講者の方へ郵送するため、お手元に届く猶予を頂いております。予めご了承ください。

【営業日】について
営業日は平日になります。 ※土曜/日曜/祝祭日は、休業日です。

(例)6/16(火)開催の場合、6/11(木)が締切日となります。
問合せ先 日刊工業新聞社
総合事業局 セミナー事業部
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

村山 省己 氏(むらやま せいき)

このセミナーを申し込む

プログラム

 1. 機械設計に必要な力学
 1-1.材料と力学
    1)引張り応カ
    2)材料ごとの引張強度
    3)曲げ応力と曲げモーメント
    4)たわみ量の求め方
 1-2.機械と力学
    1)ニュートンの運動 3 法則
    2)摩擦力と摩擦係数
    3)角速度とラジアン
    4)角加速度
 1-3.機械要素
    1)ねじ、軸、軸継手
    2)軸受け、ガイドウェイ型リニア軸受け
    3)ボールねじ、歯車(モジュール)
 2. 電動軸の設計計算と作図の演習
 2-1. ねじの強度設計
    1)ねじの力学と強度計算
    2)せん断強さ・引張強さ
    3)ねじの選定-設計計算一
    4)設計仕様を満足するためのボルト径
 2-2.軸の強さとこわさの計算
    1)トルクと回転数と軸の強さ
    2)極断面係数と断面二次モーメント
    3)相当ねじりモーメントと軸径の計算
 2-3.設計計算の演習と作図演習
    1)電動軸の各部寸法を算出する-設計計算演習-
    2)電動軸の設計と作図のポイント
    3)設計計算結果から図面を作成-作図演習-
 3. フランジ型固定軸継手の設計計算と作図の演習
 3-1.軸継手・ブレーキについて
    1)軸の駆動に必要な継手の種類
    2)ブレーキの種類
    3)ブレーキトルクの計算 一設計計算一
 3-2.軸継手の強度計算
    1)軸継手の設計計算方法
    2)フランジ部のせん断強さの計算-設計計算演習-
    3)ボルトのせん断応力の算出 一設計計算演習一
 3-3.設計計算の演習と作図演習
    1)フランジ型固定軸継ぎ手の設計計算方法
    2)軸経・継手ボルト・継手サイズの選定-設計計算演習-
    3)軸継手の設計と作図のポイント
    4)設計計算結果から図面を作成 一作図演習一
【ライブ配信セミナーに伴う注意事項について】⇒ 【詳細はこちら】
 ※必ずお読みください
(お申込みを頂いた時点でご同意頂いたとみなします)

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス